当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 11へアップデートできるか確認する方法

パソコン Windows

2021年06月に[Windows 11]が発表されました。2025年10月にサポートが切れるWindows 10では無償アップグレードが可能ですが、システム要件に比較的に新しい仕組みが求められているので、アップデートできるか確認しておくと良いでしょう。確認はMicrosoftが提供するアプリ[PC正常性チェック]からできます。

Windows 10のサポート終了日は?

Windows 10のサポート期限は2025年10月14日とされています。

ただし、サポート期間がバージョンごとに異なり、最新バージョンを使用していないと前述した期限日まで使い続けることはできません。サポートが終了したバージョンは、更新プログラムが提供されなくなりセキュリティリスクが高まるので、使い続けるのは不可能と言えます。

すでにサポート終了日を迎えた古いバージョン(2004まで)もあるので、常に最新バージョンへアップデートするようにした方が良いでしょう。

windows 10 サポート終了 一覧
バージョン 終了日 備考
20H2 2022年05月10日
21H1 2022年12月13日
21H2 2024年 予定
Windows 10のバージョンを確認する方法
Windowsには “7” や “8” と言ったバージョンがありますが、Windows 10では “10” の他にも大型アップデートごとに “1903” などのバージョンが付与されています。

PC正常性チェックアプリの使いかた

ダウンロード&インストールする手順

  1. WebブラウザよりMicrosoftへアクセスし[互換性の確認]より【PC 正常性チェック アプリのダウンロード】をクリックします。

    Windows 10→Chrome

  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックで実行し、表示内容を確認した上で問題がなければ【インストール】をクリックします。

    Windows 10→インストール→PC正常性チェック

  3. インストールが完了したら、表示内容を確認した上で問題がなければ【完了】をクリックします。

    Windows 10→インストール→PC正常性チェック

Windows 11を確認する手順

  1. PC正常性チェックの[Windows 11を導入しています]より【今すぐチェック】をクリックします。

    Windows 10→PC正常性チェック

  2. 表示された内容を確認します。
    「このPCでWindows 11を実行できます」「このPCではWindows 11を実行できません」などと表示されます。

    Windows 10→PC正常性チェック

互換性の確認アプリの使いかたは以上です。

「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合には、システム要件を満たしていない場合があります。

Windows 11を実行できない原因は?

Windows 11を動作させるのに必要な最小限の性能がシステム要件で示されます。動作させるパソコンが以下の要件を満たしていない場合、Windows 11へアップデートすることはできません。

項目 要件
CPU 1GHz以上で2コア以上の64 ビット互換CPUまたはSoC
RAM 4GB以上
ストレージ 64GB以上
システムファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
グラフィックスカード DirectX 12 以上(WDDM 2.0 ドライバー)に対応
ディスプレイ 9インチ以上、8ビットカラーのHD解像度(720p)ディスプレイ
インターネット接続 Microsoftのアカウントとインターネット接続が必要

ここ数年で発売されているパソコンであれば性能面では問題ないでしょうが、「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合は[CPU]を始め[UEFI]や[セキュアブート]に加え[TPM 2.0]に対応していない場合が多いかもしれません。

Windowsパソコンで BIOS か UEFI かを確認する方法
パソコンは古くから “BIOS” が使われていましたが、比較的に新しいデバイスでは “UEFI” が使われていることも多くなりました。使用しているパソコンが、どちらを使って起動しているかはOSから確認することができます。
タイトルとURLをコピーしました