Windowsパソコンの起動時に自動的に任意のアプリケーションを実行する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

パソコンを起動するのバックグラウンドで様々なアプリケーションが起動します。起動するアプリケーションは通常OSによって管理されていますが、自分の必要なアプリケーションを任意に起動させることもできます。

スポンサーリンク

必ず起動するアプリケーションがある

パソコンを起動したら必ず実行するアプリケーションは意外とあるものです。

例えばインターネットを閲覧する為のブラウザ、メールのチェックをするためにメーラー、企業であれば社内システムなどがあげられるでしょう。

Windowsが起動してからアイコンをクリックしてもそれほど面倒ではないでしょうが自動的に実行させることができれば便利です。

「スタートアップ」機能を使う

Windows 10に限らず歴代のWindowsには スタートアップ と呼ばれる機能があります。この機能はパソコンの起動と同時にアプリケーションを実行する機能で、OSが管理しているアプリケーションがほとんどですが、自分が必要な任意のアプリケーションを登録して実行させることができます。

実行時に特殊な作業が必要なアプリケーションは実行できない場合もありますが、実行時にアイコンをクリックするだけのアプリケーションであれば、ほとんどの場合は実行可能です。

スタートアップの使い方

  1. ファイル名を指定して実行より “shell:コマンド” を入力し『OK』をクリックします。

    shell:startup
    

  2. エクスプローラーの “スタートアップ” フォルダーにアプリケーションのショートカットを貼り付けます。

    Win10→スタートアップディレクトへペースト

スタートアップに任意のアプリケーションを登録する方法は以上です。

まとめ

自宅で使用しているパソコンなどでロックを掛けていない場合は、スタートアップに良く使うアプリケーションを登録しておけば、パソコンの電源を入れるだけでアプリケーションの起動までを一度に処理してくれるので非常に便利です。また、会社でパソコンを使用している人は使いこなすと便利でしょう。

タイトルとURLをコピーしました