当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10でWindows Updateによる再起動を制御する方法

パソコン Windows

Windowsに更新プログラムをダウンロード&インストールする[Windows Update]は自動的に行われ意図せずに[再起動]されることが多かったですが、Windows 10では【アクティブ時間】を設定することで再起動を制御することができるようになりました。

アクティブ時間とは?

Windows 10を始めとしたWindows OSでは、不具合の修正などを行う[更新プログラム]のダウンロード&インストールを行うのが一般的です(Windows Update)。

過去には手動で行われていたWindows Updateも昨今では自動で行われるようになりましたが、更新プログラムのインストール後に再起動を必要とするものが多く、場合によっては「勝手に再起動された」と言うことが発生するようになっていました。

このため、Windows 10では「主に使用する時間」をアクティブ時間と呼び、この間には再起動が行われないようにすることができます。

アクティブ時間を変更する手順

  1. 設定より【更新とセキュリティ】を選択します。

    Windows 10→設定

  2. 更新とセキュリティの[Windows Update]より【アクティブ時間の変更】をクリックします。

    Windows 10→設定→更新とセキュリティ→Windows Update

  3. アクティブ時間の変更の[現在のアクティブ時間]より【変更】を選択します。
    【このデバイスのアクティブ時間を、アクティビティに基づいて自動的に調整する】をオフにすると手動で入力できます。

    Windows 10→設定→更新とセキュリティ→Windows Update→アクティブ時間の変更

  4. アクティブ時間より[開始時刻][終了時刻]を変更し保存をクリックします。

    Windows 10→設定→更新とセキュリティ→Windows Update→アクティブ時間の変更

アクティブ時間を設定するやり方は以上です。

あくまでも再起動しないだけで、Windows Updateに必要なファイルのダウンロード&インストールは実行されるので注意してください。

Windows 10でWindows Updateを一時的に止める方法
Windowsに対して更新プログラムをダウンロード&インストールする[Windows Update]は自動的に行われるためユーザーが意識する必要はありませんが、「アップデートされては困る」と言う場合には、期間を指定して一時的に停止することが...
タイトルとURLをコピーしました