Windows 10をタブレットモードに切り替える方法

パソコン Windows

Windows 10には「タブレットモード」と呼ばれるモードがあり、据え置き型のデスクトップパソコンやノートパソコンでもタブレットのような操作を可能にすることができます。

スポンサーリンク

タブレットモードってなに?

デスクトップパソコンやノートパソコンのように “ディスプレイ” を持ち “キーボード” で操作することが多いWindowsですが、Windows 10ではタブレットのように指先で「タッチ(タップ)」して操作することに長けたモードに変更することができ、これをタブレットモードと呼びます。

昨今では、このタブレットモードを見越してデスクトップパソコンやノートパソコンにタッチ機能を持ったディスプレイを搭載している機種も多いので、マウスやキーボードだけでなく、指先での操作が容易になります。

ただし、タッチ機能を持たないパソコンが、タッチ機能を有するようになるわけでは無いので注意してください。

モード変更する手順

  1. アクションセンターより『タブレットモード』をクリックします。
    アクションセンターはタスクバーより右下にある『通知アイコン』をクリックします。

    Windows 10→アクションセンター

  2. 画面が “タブレットモード” に切り替わります。
    元に戻したい場合は同じ操作を行います。

    Windows 10→タブレットモード

タブレットモードへ変更するやり方は以上です。

タブレットモードにすると、各ウィンドウがAndroidタブレットやiPadのように全画面で表示されるようになります。また、ボタンのサイズが大きくなったりスワイプによる操作が可能になったりとします。

また、物理キーボードでは無く、タッチキーボード(ソフトウェアキーボード)で文字を入力することができるようになります。

ノートパソコンとタブレットを切り替えられる2in1で使いやすいのはもちろん、リモートデスクトップを組み合わせればAndroidタブレットを疑似的にWindowsタブレットとして使用することもでできたりします。

タイトルとURLをコピーしました