当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10でスタートメニューの[アプリの一覧]を編集する方法

パソコン Windows

Windowsにおいて[田(Windowsロゴ)]キーをクリックした際に表示される【スタートメニュー】にはインストール済みのアプリの一覧が表示されますが、この一覧は後から追加や削除と言った編集をすることができます。

アプリの一覧に追加されるのは?

スタートメニューの[アプリの一覧]には、基本的にインストール済みのアプリ(ソフトウェア)が表示されますが、中には「表示されていない」と言ったアプリもあるかもしれません。

実は、インストール時に「追加する」「追加しない」を選択できる場合があり、「追加しない」を選択しているとアプリの一覧には表示されません。また、インストールしないで直接実行するアプリも表示されません。

このアプリの一覧は既定のフォルダーが定められており、フォルダーの中身を【追加】【削除】することで好みに編集することができるので、「追加したい」「削除したい」と言う場合には操作してみると良いでしょう。

アプリ一覧を操作する手順

アプリ一覧を表示するためのフォルダーは[全ユーザー共通]と[各ユーザー用]の2ヶ所に分かれているので、1つのパソコンを複数ユーザーで共有している場合には注意してください。

全ユーザー共通の場合

  1. ファイル名を指定して実行より以下の[パス]を入力し【OK】をクリックします。
    [パス]とはフォルダーの場所を示す文字列を指します。

    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu
    

  2. Start Menuフォルダー配下に対して【追加】【削除】します。
    【追加】する場合はショートカットアイコンを用います。

    Windows 10→エクスプローラー→スタートメニュー

各ユーザー用の場合

  1. ファイル名を指定して実行より以下の[パス]を入力し【OK】をクリックします。
    [パス]とはフォルダーの場所を示す文字列を指します。

    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
    

  2. Start Menuフォルダー配下に対して【追加】【削除】します。
    【追加】する場合はショートカットアイコンを用います。

    Windows 10→エクスプローラー→スタートメニュー

アプリ一覧を操作するやり方は以上です。

1台のパソコンを1人で使用している場合にはどちらを編集しても結果は同じですが、特に理由が無ければ[各ユーザー用]を操作したほうが安心かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました