[Win7] パソコンを『Wi-Fiのアクセスポイント化』してWi-Fi機器をインターネットに接続する方法

スポンサーリンク
波 設定

ノートパソコンなど有線LANと無線LANの両方が搭載されている場合、Wi-Fiルーターなどが無くてもWi-Fi機器をインターネットに接続することができます。要するに『逆テザリング』と言ったところでしょう。

Anniversary Updateを適用したWindows10では簡単になりました。
参考 簡単になった!パソコンを『アクセスポイント化』して逆テザリングする方法
スポンサーリンク

逆テザリングとは?

モバイル機器のモバイルネットワークを使用してノートパソコンなどを自宅や会社の外でインターネットに接続することを『テザリング』と呼びます。

これに対して逆テザリングとは、その名の通りテザリングの逆をすることで、パソコンのネットワークを利用して、その他のWi-Fi機器をインターネットに接続することを指しています。

特にノートパソコンには『有線LAN』と『無線LAN』の両方が搭載されていることが多いので、有線LANでインターネット接続したパソコンの無線LANを『AP(アクセスポイント)』にすることでWi-Fi機器を接続することができます。

デスクトップパソコンなどで、「有線LANしか無い!」と言う場合には無線LANアダプターなどを利用すれば接続できるかもしれません。

PLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) 11n/g/b 150Mbps MacOS X10.10対応 GW-USNANO2A
プラネックス 2013-09-06
¥ 1,067

今回は、ノートパソコンに内蔵された無線LANを用いたため、上記の無線LANアダプターを使用して接続できるかどうかは確認していませんので注意してください。

APを有効にし接続する手順

APを起動する

  1. 『コマンドプロンプト(管理者)』を起動します。

    参考 Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

  2. 起動したコマンドプロンプト(管理者)で以下のコマンドを実行します。
    netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=[SSID(アクセスポイント名)] key=[パスワード]
    

    Win10→逆テザリング

  3. エラーが表示されなければ、続けて以下のコマンドを実行し “ホストされたネットワークが開始しました。” と表示されれば完了です。
    netsh wlan start hostednetwork
    

    Win10→逆テザリング

  4. Wi-Fi機器から接続できるか確認します。

アクセスポイントを起動するやり方は以上です。

インターネット接続を許可する

アクセスポイントを設定すれば、パソコンからWi-Fiの電波が発信されているのでWi-Fi機器で確認することができます。ただし、この状態ではパソコン←→Wi-Fi機器のみの通信しか許可されていないために、インターネットに接続することができません。そのため、Wi-Fi機器からインターネットへ通信するためには、それを許可をする必要があります。

  1. コントロールパネルを開きます。

    参考 見当たらない『コントロールパネル』を開く方法

  2. コントロールパネルより『ネットワークと共有センター → アダプターの設定の変更』を開きます。

    Win10→コントロールパネル

    コントロールパネルウィンドウの右上にある “表示方法” を『大きいアイコン』の状態で説明をしています。

  3. ネットワーク接続より『Microsoft Hosted Network Virtual Adapter』が追加されているので名前を憶えておきます(画像では “ローカルエリア接続*4”)。

    Win10→逆テザリング

  4. ネットワーク接続より有線LANが接続された『ローカルエリア接続』を右クリックし表示されたコンテキストメニューより『プロパティ』をクリックします。

    Win10→逆テザリング

  5. ローカルエリア接続のプロパティより『共有』タブの『ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続を通しての接続を許可する』をオンにし、『ホームネットワーク接続』から先に確認した “Microsoft Hosted Network Virtual Adapter” の名前を選択し『OK』をクリックします。

    Win10→逆テザリング

  6. Wi-Fi機器から接続すればインターネット接続が可能になります。

インターネット接続を許可するやり方は以上です。

APを無効にする手順

  1. 『コマンドプロンプト(管理者)』を起動します。

    参考 Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

  2. 起動したコマンドプロンプト(管理者)で以下のコマンドを実行します。
    netsh wlan set hostednetwork mode=disallow
    

    Win10→逆テザリング

アクセスポイントを無効にするやり方は以上です。

パソコンを再起動するとアクセスポイントは無効になってしまうようなので、パソコンを起動している時に自動的に有効にしたい場合には起動コマンドの『バッチファイル(*.bat)』を作成してスタートアップに登録すると良いでしょう。

参考 パソコンの起動時に自動的に任意のアプリケーションを実行する方法