当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10で1枚の紙に複数ページ分を印刷する方法

スポンサーリンク
印刷 Windows

「1枚の紙に複数ページを印刷する」のを “割付印刷(割り付け印刷)” をはじめ “2in1” や “2アップ” などと呼びます。一般的なプリンターであれば機能として搭載していることが多いですが、対応していなくともPDFを作成することで印刷することができます。

スポンサーリンク

割付印刷とは?

印刷をする際、1ページを1枚の紙に印刷するのが一般的ですが、紙の節約などを目的に印刷枚数を抑えたい場合も多々あります。

このような場合に、数ページ分を分割して1枚の紙に印刷するのを割付印刷(割り付け印刷)と呼びます。また、2in12アップなどと呼ぶ人もいます(3ページ以上も可能)。

多くの場合でプリンターの印刷設定を変更することで対応可能ですが、割付した状態をPDFにしてから印刷すれば対応していプリンターでも印刷することができます。

割付印刷する手順

プリンターの設定

キャノンのプリンターを例とします。機種やメーカーによって異なる場合があるので注意してください。
  1. 印刷設定の “ページ設定” より『(ページレイアウト)割りつけ』を選択します。

    Windows 10→印刷設定(キャノン)→ページ設定→割り付け

  2. 詳細設定より “ページ数” や “ページ順序” を変更します。

    Windows 10→印刷設定(キャノン)→ページ設定→割り付け→詳細設定

PDFの設定

対象がPDFでない場合はPDFへ変換しておきます。
  1. Adobe Acrobat Readerで印刷の “ページサイズ処理” より『複数』を選択します。

    Windows 10→印刷設定(Adobe Reader)→複数

  2. 同様の “1枚あたりのページ数” や “ページの順序” などを変更します。

    Windows 10→印刷設定(Adobe Reader)→複数

割付印刷するやり方は以上です。

提出書類を事前に確認する際などに “割り付け” と “両面” の印刷をすれば大幅な紙の節約になります。

タイトルとURLをコピーしました