Windows 10で電源ボタンの挙動を設定する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

パソコン本体の “電源ボタン” は「起動する(電源をいれる)」だけでなく「シャットダウンする(電源をきる)」や「スリープする」こともできます。また、逆に誤って操作しないよう、これを無効にすることもできます。

スポンサーリンク

パソコン本体の電源ボタン

電化製品の電源は電源ボタンを使って「電源をいれる」「電源をきる」と言う操作をすることが多いですが、パソコンは「電源ボタンで電源を入れる」「メニューからシャットダウンする(電源をきる)」と操作します。

パソコンの起動中に電源ボタンを操作するとスリープになることが多いですが、これは設定によって変更することができるので電源ボタンで「シャットダウンする」と言うこともでき、電源のオン/オフを同じ操作にすることができます。

また、ノートパソコン等でキーボード付近に電源ボタンが配置されており誤って操作してしまう事が多ければ、これを無効にして「電源をいれる」だけにすることも可能なので、スタイルに合わせて変更すると良いでしょう。

電源ボタンの割り当てを変更する手順

コントロールパネル > 電源オプション > 電源ボタンの動作の選択』からでも同様の操作が可能です。
  1. 設定より『システム』を選択します。

    Windows 10→設定

  2. システムの “電源とスリープ” より『電源の追加設定』をクリックします。

    Windows 10→設定→システム→電源とスリープ

  3. 電源オプションより『電源ボタンの動作の選択』をクリックします。

    Windows 10→コントロールパネル→電源オプション

  4. システム設定より “電源ボタンを押したときの動作” を変更し『変更の保存』をクリックします。
    『何もしない』『スリープ状態』『休止状態』『シャットダウン』『ディスプレイの電源を切る』などから選択することができます。

    Windows 10→コントロールパネル→電源オプション→プラン設定の変更

電源ボタンの割り当てを変更するやり方は以上です。

ノートパソコンなどの場合には “電源に接続” の他に ”バッテリー駆動” の場合と分けて設定することができます。

誤って電源ボタンを押してしまった場合に “スリープ” であれば復帰することが可能ですが “シャットダウン” は作業中の未保存ファイルが消えてしまう事になるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました