[Win10] OneDriveへローカルアカウントでサインインする方法

スポンサーリンク
HDD 設定

Windows10にはOneDriveが標準でインストールされています。Windows7までは使っていなかったのですが、せっかくインストールされているので使ってみようと思います。

スポンサーリンク

OneDriveとは?

Microsoftが提供している無料のオンラインストレージで、DropboxGoogleドライブ と同じようなものです。

Windows10には最初からOneDriveのアプリがインストールされているので設定すれば誰でも使用することができます。

OneDriveにサインインできない

Windows10に Microsoftアカウント でサインインしていれば OneDriveを起動するだけでサインイン できますが、ローカルアカウントでログインしている場合はひと手間必要になります。

対象のパソコンがローカルアカウントなのかMicrosoftアカウントなのかを確認する方法は以下を参照してください。

参考 ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いは?

OneDriveにサインインする

Windows8(もしくはWindows8.1)ではMicrosoftアカウントでログインしていないとOneDriveにサインインすることができませんでしたが、Windows10からは ローカルアカウントでログインしていてもOneDriveにサインインすることができる ようになりました。

  1. スタートメニューから すべてのアプリ をクリックします。

    Windows10「スタートメニュー→すべてのアプリ」

  2. アプリの一覧に切り替わるので OneDrive をクリックします。

    Windows10「すべてのアプリ→OneDrive」

  3. サインイン画面が表示されますので Microsoftアカウント でサインインします。

    Windows10「Microsoftアカウントでサインイン」

    Microsoftアカウントを持っていない場合は「新規登録」をクリックして取得しましょう。

  4. Windows10側のOneDriveフォルダーの場所を指定することができますが、特に希望が無ければデフォルトのままで 次へ をクリックします。

    Windows10「OneDriveフォルダーの場所」

    設定した(された)OneDriveフォルダーの場所は覚えておいてください。

  5. OneDrive上にあるファイルを、どこまで同期するかをフォルダー単位で設定しますが、問題なければデフォルトのままで 次へ をクリックします。

    Windows10「OneDriveの同期設定」

  6. 最後に、Windows10上のOneDriveフォルダー以外のファイルにアクセスさせるかを設定し 完了 をクリックします。

    Windows10「OneDriveフォルダー以外のファイル」

  7. Windows10上のOneDriveフォルダーの場所を開くとファイルが同期されています。

    Windows10「OneDriveフォルダーの同期完了」

    ファイルやフォルダーに緑色のアイコンが付いていれば同期が完了している印です。アイコンは緑の他に赤や青があります。それぞれの意味は以下の通りです。
    ・緑:同期完了
    ・青:同期中
    ・赤:同期エラー

OneDriveにサインインするやり方は以上です。また、このやり方であれば複数のアカウントでOneDriveを使用することができるようにもなります。