Windows 10でOneDriveへローカルアカウントでサインインする方法

スポンサーリンク
ストレージ Windows

OneDriveとは、Microsoftが提供している無料のオンラインストレージでDropboxやGoogleドライブなどと同じようなものです。Windows 10に “Microsoftアカウント” でサインインしていればOneDriveを起動するだけでサインインできますが “ローカルアカウント” でログインしている場合はひと手間必要になります。

Windows8(もしくはWindows8.1)では、パソコンにMicrosoftアカウントでログインしていないとOneDriveにサインインすることができませんでしたが、Windows 10からはローカルアカウントでログインしていてもOneDriveにサインインすることができるようになりました。

ただし、OneDriveにサインインするのにMicrosoftアカウントは必要です。

スポンサーリンク

OneDriveにサインインする手順

  1. スタートメニューの “アプリ一覧” より『OneDrive』をクリックします。

    Windows 10「すべてのアプリ→OneDrive」

  2. サインイン画面が表示されますので Microsoftアカウント でサインインします。
    Microsoftアカウントを持っていない場合は「新規登録」をクリックして取得しましょう。

    Windows 10「Microsoftアカウントでサインイン」

  3. Windows 10側のOneDriveフォルダーの場所を指定することができますが、特に希望が無ければデフォルトのままで 次へ をクリックします。
    設定した(された)OneDriveフォルダーの場所は覚えておいてください。

    Windows 10「OneDriveフォルダーの場所」

  4. OneDrive上にあるファイルを、どこまで同期するかをフォルダー単位で設定しますが、問題なければデフォルトのままで 次へ をクリックします。

    Windows 10「OneDriveの同期設定」

  5. 最後に、Windows 10上のOneDriveフォルダー以外のファイルにアクセスさせるかを設定し 完了 をクリックします。

    Windows 10「OneDriveフォルダー以外のファイル」

  6. Windows 10上のOneDriveフォルダーの場所を開くとファイルが同期されています。
    ファイルやフォルダーに緑色のアイコンが付いていれば同期が完了している印です。アイコンは(同期完了)の他に(同期エラー)や(同期中)があります。

    Windows 10「OneDriveフォルダーの同期完了」

OneDriveにサインインするやり方は以上です。

また、このやり方であれば複数のアカウントでOneDriveを使用することができるようにもなります。

タイトルとURLをコピーしました