Windows 10でマウスカーソルをキーボードで動かす方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

故障や電池切れなどによって「マウスが使えない」と言った場合でも、マウスカーソルはキーボードを押下することで動かすことができるようになっています。事前に設定が必要なので、必要に応じて設定しておくと便利かもしれません。

スポンサーリンク

マウスカーソルの動かしかた

マウスカーソルを動かすのには、キーボードのテンキーを使います。

テンキーの5を決定キー(クリック)とし、2 / 4 / 6 / 8が “↑↓←→” に割り当てられています。

コンパクトなキーボードで、テンキーが搭載されていない場合であっても、NumLockキーで他のキーをテンキーに置き換えられる場合があります。

7 8 9 7 8 9
U I O 4 5 6
J K L 1 2 3
M 0

ただし、キーボードによる操作を有効にするには、事前に設定が必要なので注意してください。

マウスをキーパッドで操作する設定の手順

  1. 設定より『簡単操作』をクリックします。

    Windows 10→設定

  2. 簡単操作の “マウス” より『マウスをキーパッドで操作する』のオン/オフを切り替えます。

    Windows 10→設定→簡単操作→マウス

  3. 表示された項目を任意に変更します。

    Windows 10→設定→簡単操作→マウス

マウスをキーパッドで操作する設定のやり方は以上です。

設定によっては “ゆっくり” と動くので、一見すると「動かない」と感じるかもしれませんが、注視していると動いているのが見えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました