Windows 10でネット接続時のIPアドレスやDNSなどを手動で設定する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

パソコンからインターネットへ接続する際には、ルーターなどのDHCPによって自動的に “IPアドレス” や “DNS” などのネットワーク情報が割り当てられることが多いですが、何らかの理由によって「割り当てができなくなった」「動的ではなく静的に固定したい」などの場合、手動で “IPアドレス” や “DNS” などを設定することができます。

スポンサーリンク

動的と静的

パソコンに限らず、インターネットに接続する機器(スマートフォンなど)は “IPアドレス” と呼ばれるインターネット上の住所を持っています。

このIPアドレスは、接続機器(ルーターなど)によって自動的に割り当てられることが多く、このようなIPアドレスを動的IPアドレスと呼びます。また、動的IPアドレスに対して手動でIPアドレスを決定するのを静的IPアドレスと呼びます。

多くの機器ではデフォルトで「DHCPから動的IPアドレスを取得する」ように設定されているので意識する必要はありませんが「DHCPが機能しない」や「IPアドレスを固定したい」などの場合には設定することができます。

割り当てる機能をDHCPと呼び、IPアドレスの他にDNSなどインターネットへ接続するのに必要な情報も同様で、一般的な家庭用Wi-Fiルーターであれば備わっていることが多い機能です。この場合、任意のタイミングでIPアドレスの割り当てが変わる恐れがあるので、ネットワーク機器どうして接続する場合には不都合が生じることがあります。

手動で設定する手順

  1. 設定より『ネットワークとインターネット』を選択します。

    Windows 10→設定

  2. ネットワークとインターネットの “状態” より『アダプターのオプションを変更する』をクリックします。

    Windows 10→設定→ネットワークとインターネット

  3. ネットワーク接続より “(対象のネットワークアダプター)” を右クリックし、表示されたコンテキストメニューより『プロパティ』をクリックします。

    Windows 10→コントロールパネル→ネットワーク接続

  4. プロパティより “インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)” や “インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)” を選択し『プロパティ』をクリックします。

    Windows 10→コントロールパネル→ネットワーク接続→プロパティ

  5. プロパティより “次のIPアドレスを使う” や “次のDNSサーバーのアドレスを使う” を選択し、任意の値を入力した上で『OK』をクリックします。

    Windows 10→コントロールパネル→ネットワーク接続→プロパティ

手動で設定するやり方は以上です。

ネットワークの設定は少々難しく、誤った設定をおこなうと「インターネットに接続できない」と言ったことが起こります。そのため、よくわからない場合にはデフォルトのまま使用することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました