Windows 10で入力中に文字の種類を変更する方法

スポンサーリンク
キーボード Windows

パソコンで日本語を入力する際には “ひらがな” や “漢字” をはじめ “カタカナ” や “英数字” など様々な文字種を使います。これらは入力するモードを切り替えるほかに特定のキーを押下することで変換することができます。

スポンサーリンク

全角/半角だけじゃない

Windowsパソコンでは全角/半角キーを押下することで “ひらがな(全角)” と “英字(半角)” を切り替えることができます。

“漢字” や “カタカナ” を入力する際には “ひらがな” から変換する(スペースキーを押下する)ことが多いですが “英数字” を入力する際に、全角/半角キーを押下して切り替えるのが一般的です。

しかし、切り替えなくとも “漢字” や “カタカナ” と同様に “ひらがな” から “英数字” など任意の文字種へ変換するキーが存在しています。

文字種を変換する手順

  1. 文字を入力し未確定の状態にします。
    未確定の状態とは、一般的に「ひらがなで入力し漢字変換ができる状態」を意味します。

    Windows 10→メモ帳→入力中

  2. 文字種に対応する『Fnキー(ファンクションキー)』または『ショートカットキー』を押下します。
    文字種 Fnキー ショートカットキー
    ひらがな F6 Ctrl + U
    全角カタカナ F7 Ctrl + I
    半角カタカナ F8 Ctrl + O
    全角英数 F9 Ctrl + P
    半角英数 F10 Ctrl + T

文字種を変換するやり方は以上です。

入力モードを切り替えるより、素早く文字入力をすることができます。

Windowsでショートカットキーを使う方法
パソコンを操作する際にはマウスを使って行うことが主流で、キーボードは文字入力にしか使われていないことが多いです。しかし、キーボードを使って操作をすることもでき、使い方を覚えれば非常に便利に使うことができます。
タイトルとURLをコピーしました