Windows 10のアプリ一覧にある “最近追加されたもの” を設定する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

Windows 10のスタートメニューに表示されているアプリ一覧には “最近追加されたもの” と称してインストールしたアプリが表示されます。ただ、アプリによってはデスクトップなどにも表示されるため、不要であれば非表示にすることも可能です。

スポンサーリンク

スタートメニューの “最近追加されたもの” とは?

Windows 10では、画面の左下にあるスタートメニュー(Windowsロゴ)をクリックすることでスタートメニューが表示されます。このスタートメニューには、パソコンにインストールされているアプリが一覧で表示されていますが、別途に “最近追加されたもの” にも表示されていることがあります。

これは、新しくインストールしたアプリが一時的に表示されているものであり、インストールしたアプリが「すぐに見つかる」ので便利ですが、使っていくことで消えてしまうことになるので、最終的には “デスクトップ” や “アプリ一覧” から起動することになるため、取り扱いになれているのであれば、わざわざ表示する必要は無いかもしれません。

スタートメニューの項目は設定によって任意に表示/非表示を変更することができるので、必要に応じて変更すると良いでしょう。

項目 “最近追加されたもの” を設定する手順

  1. 設定より『個人用設定』をクリックします。

    Windows 10→設定

  2. 個人用設定の “スタート” より『最近追加したアプリを表示する』のオン/オフをクリックで切り替えます。

    Windows 10→設定→個人用設定→スタート

項目 “最近追加されたもの” を設定するやり方は以上です。

追加したアプリを良く使うのであれば、タスクバーにピン留めで追加しておくのが便利です。

タイトルとURLをコピーしました