iCloudのメールアカウントをWindows 10で使う方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

Apple IDを取得することで利用ができるクラウドサービス “iCloud” は、メールアドレス(@icloud.com)を1つ利用できます。このメールはApple製品以外にも、Windowsパソコンなどから送受信することができます。

スポンサーリンク

メールアプリが標準サポート

そもそもiCloudとは、iPhone / iPadなどに保存されたデータを自動でクラウドにアップロードし、パソコンやその他のApple製品からアクセスできるようにするサービスです。

このiCloudは、メールアカウント(@icloud.com)を持つことができます。ただし、手動で作成する必要があります。iPhone / iPadなどのApple製品であれば “Apple ID” を設定すれば使えるようになることが多いですが、Windowsなどでは別途の設定が必要となります。

しかし、Windows10にプリインストール(プレインストール)されているメールアプリはデフォルトでサポートしているため、簡単な操作で送受信(送信/受信)できるよう設定することができます。

メールアプリに追加する手順

Windowsのメールアプリでサインインするには App用パスワード が必要です。
  1. メールアプリの “アカウントの追加” より『iCloud』を選択します。
    別のアカウントが追加されている場合には “左ペイン” より『アカウント』をクリックし、表示されたメニューより『アカウントの追加』をクリックします。

    Windows 10→アカウントの追加

  2. iCloudより “メールアドレス(@icloud.com)” や “パスワード(App用パスワード)” を入力し『サインイン』をクリックします。

    Windows 10→アカウントの追加→iCloud

  3. メールが読み込まれれば完了です。
    入力した “メールアドレス” や “パスワード” が間違っていても「アカウントは正常にセットアップされました」と表示されるので注意してください。

    Windows 10→アカウントの追加→iCloud

メールアプリに追加するやり方は以上です。

読み込まれたメールは各デバイス(iPhoneなど)と同期されており、メール削除などを行うと別のデバイスのメールも削除されるので注意してください。

また、同期の間隔や項目などは設定より変更することができます。

同期設定を変更する手順

  1. メールアプリより “(対象アカウント)” を右クリックし、メニューより『アカウント設定』をクリックします。

    Windows→メールアプリ→アカウント→メニュー

  2. アカウント設定より『メールボックスの同期設定を変更』をクリックします。

    Windows→メールアプリ→アカウント→メニュー→アカウント設定

  3. メールボックスの同期設定を変更より任意に変更します。

    Windows→メールアプリ→アカウント→メニュー→アカウント設定

同期設定を変更するやり方は以上です。

Windowsパソコンの他、Androidスマートフォンなどでも使うことができます。

Androidスマホで iCloudのメールアドレス を使う方法
iPhoneからAndroidスマートフォンへ機種変更した場合、使用していた “xxx@icloud.com” と言ったメールアドレスが使えなくなると思われがちですが、Apple IDを削除しない限りはAndroidスマートフォンでも設定し...
タイトルとURLをコピーしました