Windows 10のメールアプリでGmailを送受信する方法

スポンサーリンク
メール Windows

Windows 10にプリインストール(プレインストール)されている “メール” アプリにはGmailがプリセットされているため、Googleアカウントでログインするだけで簡単にGmail
の送受信ができるようになります。

スポンサーリンク

Gmailを送受信するには?

Androidスマートフォンを使っているユーザーは、多くの場合でGoogleアカウントが取得済みでありGmailが使えるようになっています。

このGmailは、AndroidスマートフォンやiPhoneのアプリだけでなくPOP3やIMAP4と言った一般的なメールプロトコルにも対応しているので、メールクライアント(メールアプリ)が対応していれば各デバイス(パソコンなど)から送受信することができるようになっています。

本来であれば送受信に関する設定をする必要がありますが、Windows 10にプリインストール(プレインストール)されているメールアプリでは、あらかじめGmailがプリセットされているので、Googleアカウントでログインするだけで送受信できるようになります。

プリインストール(プレインストール)されているメールアプリ以外を使いたい場合にはPOP3やIMAP4を使えば送受信することができます。

Googleアカウントを設定する手順

追加する場合

他に設定済みのアカウントが無い場合には飛ばして『新規追加する手順』を行います。
  1. メールアプリより左下の『歯車アイコン』をクリックします。

    Windows 10→メールアプリ

  2. 表示された “設定” より『アカウント管理』をクリックします。

    Windows 10→メールアプリ→設定

  3. アカウント管理より『+アカウントの追加』をクリックします。

    Windows 10→メールアプリ→設定→アカウント管理

新規追加する

  1. アカウントの追加より『Google』をタップします。

    Windows 10→メールアプリ→アカウントの追加

  2. Googleにログインより表示内容を確認し問題が無ければ『(対象のGoogleアカウント)』でログインします。

    Windows 10→メールアプリ→アカウントの追加→Gmail

  3. Googleにログインの “WindowsがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています” より表示内容を確認し問題が無ければ許可します。

    Windows 10→メールアプリ→アカウントの追加→Gmail

  4. アカウントの追加より “任意の名前” を入力し『サインイン』をクリックします。

    Windows 10→メールアプリ→アカウントの追加→Gmail

Googleアカウントを設定するやり方は以上です。

アカウントの追加が正常に完了しても送受信ができない場合があるので、自分自身にメールを送るなどして送受信のテストをオススメします。エラーで “送信” または “受信” または両方ができない場合には、必要な入力項目が誤っている可能性があるので良く確認するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました