[Win10] 『Exchange ActiveSync』のメールを設定する方法

スポンサーリンク
手紙 ソフトウェア

これまでは企業メールぐらいにしか使われていなかった『Exchange ActiveSync』も、昨今では個人ユーザーが使用するようになってきました。そこでWindows10の標準メーラーを例に設定してみたいと思います。

スポンサーリンク

Exchange ActiveSyncとは?

詳細は以下を参照してください。

参考 『POP3』と『IMAP』の違いと『ActiveSync』について

設定手順

Windows10に標準でインストールされているメーラー(メールソフト)はExchange ActiveSyncでの送受信に対応しているのでExchange ActiveSyncに対応したアカウントを設定すればメーラー(メールソフト)を起動していなくともプッシュ通知/自動受信をすることが可能です。

  1. スタートメニューから『メール』をクリックします。

    Windows10「スタートメニュー→メール」

  2. メールより『アカウントの追加』をクリックします。

    Windows10「メール→アカウントの追加」

  3. アカウントの選択より『その他のアカウント』をクリックします。

    Windows10「メール→その他のアカウント」

  4. 詳細セットアップより『Exchange ActiveSync』をクリックします。

    Windows10「メール→Exchange ActiveSync」

  5. Exchange ActiveSyncより必要事項を入力し『サインイン』をクリックします。

    Windows10「メール→OCNモバイルONEの設定1」Windows10「メール→OCNモバイルONEの設定2」

    設定内容はアカウントによって異なるので、わからない場合には提供元へ問い合わせてください。

  6. 『完了』をクリックします。

    Windows10「メール→完了」

標準メーラーでの設定は以上です。

アクションセンターに通知される

Exchange ActiveSyncで登録するとメーラーを起動していなくともメールが届いた時点でアクションセンターに通知されるので非常にオススメです。

アクションセンターの開き方

タスクトレイのアイコンをクリックすると表示されます。

Windows10「アクションセンターアイコン」

音やバナーで知らせる

デフォルトだと通知は『音も鳴らず、バナーの表示もなくアクションセンターに表示されるだけ』でアクションセンターを見ない限りはわかりません。そこで、音を鳴らしたりバナーを表示したりするように設定します。

  1. “メール”より左下にある『設定アイコン』をクリックします。

    Windows10「設定アイコン」

  2. サイドバーより『オプション』をクリックします。

    Windows10「設定→オプション」

  3. オプション項目より『任意の項目』をチェックします。

    Windows10「設定→通知」

音やバナーで知らせるやり方は以上です。