Windows 10でISOファイルからCD/DVDを作成する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

慣れていない人からするとISOファイルからCD/DVDを作成するのは結構難しいようです。昨今ではインターネット上からISOファイルをダウンロードすることも多いので、きちんと手順を確認しておきましょう。

動画ファイルを再生できるDVDなどにする場合にはオーサリングソフトを使用する必要があります。
スポンサーリンク

ISOファイルとは?

CD/DVDなど光ディスクの内容を1ファイルにまとめたイメージファイルの事を指します。Windows 10のアップデート用ファイルにも使用されている形式で、LinuxなどのOSを配布するためにも良く使われる形式です。

このISOファイルは、CD/DVDに対して適切な書き込みをすることで提供元が意図したCD/DVDを作成することができますが、よくある失敗がISOファイルを直接CD/DVDに書き込んでしまう場合で、このようにCD/DVDの中身がISOファイルになっている状態は失敗なので注意が必要です。

Windows 10では標準機能を用いてCD/DVDの書き込みを行うことができます。そのため、第三者が作成したフリーソフト等は必要ありません。

CD/DVDを作成する手順

  1. ISOファイルを右クリックし表示されたコンテキストメニューより『ディスクイメージの書き込み』をクリックします。

    Win10→エクスプローラー→コンテキストメニュー

  2. Windowsディスクイメージ書き込みツールより “書き込み用ドライブ” を選択し『書き込み』をクリックします。

    Windows 10→ISOファイルの書き込み

  3. “ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました。” と表示されれば完了です。

    Windows 10→ISOファイルの書き込み

ISOファイルからCD/DVDを作成するやり方は以上です。

ちなみに「焼く」と表現することがありますが、これは本当にレーザーで表面を焼いているからです(CD-Rなど1度しか書き込めないメディアのみ)。

焼いた部分はレーザーの反射が変化するので、それを利用してデータを読み取っています(ただし、CD-RWのような何度も書き込めるメディアの場合には異なります)。

タイトルとURLをコピーしました