Windows 10でWebアプリをインストールする方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

パソコンで使うアプリケーションには “インストール型” と “Web型” があります。Web型のアプリケーション(Webアプリ)は、Webブラウザを使うほかにパソコンへインストールすることができます。

スポンサーリンク

Webアプリを専用ウィンドウで使う

Webアプリとは “Googleマップ” や “Web版オフィス” などのように、インストール型アプリケーションと同じように使うことができるWebサイトを指します。

これらはインターネット上にあるWebサイトと同様なのでWebブラウザを使って開く必要がありますが、よく使うようなWebアプリケーションであれば、パソコンへインストールすることで、一般的なインストール型アプリケーションと同じような使いかたができます。

Webブラウザとは別にウィンドウを表示することができるので、場合によっては使い勝手も良くなるかもしれません。

Chromeブラウザを例にしますが、新しいMicrosoft Edge(Chromium)でも同様のことができます。

Webアプリをインストールする手順

  1. Webブラウザで『(対象のWebアプリ)』を開きます。
    GoogleマップやWeb版オフィスなどが対象です。

    Windows 10→Chrome

  2. アドレスバーの右端にある『〇に+』をタップします。

    Windows 10→Webブラウザ→Webアプリ

  3. アプリをインストールしますか? より問題が無ければ『インストール』を選択します。

    Windows 10→Webブラウザ→Webアプリ

  4. Webアプリがウィンドウで表示されます。
    他のインストールアプリと同様に “デスクトップ” や “スタートメニュー” にアイコンが追加されます。

    Windows 10→Webアプリ

Webアプリをインストールするやり方は以上です。

Webアプリをアンインストールする手順

  1. Webアプリのウィンドウより『三点リーダー(3つの点)』をクリックします。

    Windows 10→Webアプリ

  2. メニューより『(アプリ名)をアンインストール…』を選択します。

    Windows 10→Webアプリ

Webアプリをアンインストールするやり方は以上です。

慣れている人であればWebブラウザから操作しても違和感が無いかもしれませんが、不慣れな人はインストールしておくと使いやすいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました