Windows 10で 絵文字 / 顔文字 を入力する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

Windowsなどのパソコンでは古くより “顔文字” が使われていましたが、自作するのではなくインターネット上からコピー&ペーストして入力していた人も多いでしょう。Windows 10では専用パネル(ウィンドウ)が用意されており、選択するだけで入力することができるようになっています。

スポンサーリンク

絵文字 / 顔文字 / 記号 の専用パネル

これまでのWindows 10でもソフトキーボードを使えば 絵文字 などを入力する専用パネル(ウィンドウ)を表示させることができました。

しかし、タッチパネルが必須であり、非対応の機種で一般的なキーボード(物理キーボード)を使っていると表示させるのが面倒でしたが、キーボードショートカットを使うことで表示ができるようになりました。

専用パネルから入力できるのは “絵文字” や “顔文字” を始め “記号” も可能です。

専用パネルで入力する手順

  1. 入力時にキーボードよりWindowsキーを押下しながら>(。/./る)を押下します。

    Windows 10→メモ帳

  2. 表示された専用パネルより『(該当の項目)』を選択します。

    Windows 10→MS-IME→絵文字

専用パネルで入力するやり方は以上です。

メールなどで送信する場合、送信相手の環境によっては表示できない(文字化けする)可能性があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました