Windows 10にiCloudアプリをインストールし同期する方法

スポンサーリンク
クラウド Windows

iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windows 10用のソフトウェア(アプリ)が用意されており、インストールすることで連携して使うことができます。

スポンサーリンク

iCloudアプリでできること

クラウドサービスであるCloudはメールサービスはもちろん、オンラインストレージを使うことができます。

例えば、iPhoneなどで撮影された “写真(画像)” や “動画” などが自動的にアップロードされ、iCloudをインストールしたパソコンへダウンロードされます。また、逆にパソコンからiPhoneなどへ “写真(画像)” や “動画” をアップロードすることも可能です。

このため、iPhoneとパソコンを所有している場合には、インストールし設定を済ませておくとスマートなデータのやり取りが可能になります。

iCloudアプリをインストールする手順

  1. Microsoft Storeより “iCloud” を検索し『入手』をクリックします。

    Windows 10→Microsoft Store→アプリ

iCloudアプリをインストールするやり方は以上です。

iCloudアプリの使いかた

サインインする手順

  1. アプリを起動し “Apple ID” でサインインします。

    Windows 10アプリ→iCloud

Apple IDでサインインするやり方は以上です。

写真/ビデオの同期

iPhoneの内部ストレージに保存された写真(画像)やビデオ(動画)などファイルの同期は、専用フォルダーを介して行われます。

C:\Users\(ユーザー名)\iCloudDrive

また、エクスプローラーに統合されているので、アクセスしやすくなっています。

参考 iPhoneの写真やビデオなどをiCloudに同期する方法

タイトルとURLをコピーしました