当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10でiCloudのキーチェーンを使う方法

スポンサーリンク
Apple製品 Windows

スマートフォンは “iPhone” でパソコンは “Windows” と言う組み合わせで使っている人は少なく無いでしょう。Windows 10のiCloudアプリとChromeブラウザを組み合わせると、iPhoneのキーチェーンをパソコンでも使うことができるようになります。

スポンサーリンク

iCloudアプリとChrome拡張機能

Windows 10で使えるiCloud for Windowsアプリは、iCloudに保存されているデータをパソコンに同期する機能がありますが、バージョン12よりiCloudキーチェーンの同期が可能になりました。

ただし、この機能を使うには “iCloud for Windowsアプリ” だけでなく、Chromeブラウザの拡張機能である “iCloudパスワード” が必要です。

両方をダウンロード&インストールしたのち、有効化することで使えるようになります。

iCloudパスワードを有効にする手順

  1. iCloud for Windowsより『パスワード』をチェックします。
    『パスワード』が無い場合にはMicrosoft Storeよりバージョン12.0以降へアップデートする必要があります。

    Windowsアプリ→iCloud→設定

  2. ダイアログの指示に従ってChrome拡張機能をダウンロード&インストールします。
    Chromeブラウザから『iCloudパスワード – Chrome ウェブストア』へアクセスしても同様です。

    Windowsアプリ→iCloud→パスワード

  3. 拡張機能のアイコンをクリックし有効にします。
    アイコンが表示されていない場合は表示を切り替えると便利です。

    Windows 10→Chrome→拡張機能→iCloud

iCloudパスワードを使う手順

  1. Chromeブラウザで対象のWebサイトにアクセスします。

    Windows 10→Chrome

  2. 拡張機能のアイコン(iCloudパスワード)をクリックします。
    アイコンが表示されていない場合は表示を切り替えると便利です。

    Windows 10→Chrome

  3. ダイアログより『(対象のパスワード)』を選択します。

    Windows 10→Chrome→拡張機能→iCloud

iCloudパスワードを使うやり方は以上です。

iPhoneのSafariでWebサイトのIDとパスワードを自動入力しログインする方法
IDとパスワードなどのログイン情報を使ってログインする会員制のWebサイト(TwitterやFacebookなど)の中には都度のログイン操作が必要となる場合がありますが、iPhoneのSafariではIDとパスワードを自動入力することができ...
タイトルとURLをコピーしました