当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10でWebブラウザのブックマークをSafariと同期する方法

Apple製品 Windows

iPhone / iPadとWindowsパソコンなど別OSであっても、同じWebブラウザを使えば “ブックマーク(お気に入り)” の同期を行うことが可能ですが、どうしても「Safariを使いたい」と言った場合には、iCloudを介してFirefoxやChromeなどと同期することができます。

ブラウザの同期

ChromeやFirefoxなどのWebブラウザは、同じブラウザ間であれば異なるデバイス(異なるOS)であってもブックマークなどの同期が可能です。このため、各デバイスで使用するWebブラウザを合わせると使い勝手が良いです。

しかし、「仕事用」「プライベート用」や「iPhoneはSafariブラウザ」「WindowsはEdge」などのようにWebブラウザを使い分けている場合には、iCloudを介することで「SafariとChrome」「SafariとFirefox」と言った別のWebブラウザ間でブックマークの同期をすることが可能です。

この機能を利用するには、事前にWindows版iCloudアプリのダウンロード&インストールが必要です。

Windows 10にiCloudアプリをインストールし同期する方法
iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windowsアプリ版が用意されており、インストールすることで連携して使うことができます。

ブックマークを同期する手順

  1. iCloudアプリより『ブックマーク』にチェックします。

    Windows 10アプリ→iCloud

  2. ブックマークオプションより『(対象のWebブラウザ)』にチェックしOKをクリックします。
    Microsoft Edgeは『Chrome』をチェックします。

    Windows 10アプリ→iCloud→ブックマーク

  3. ダイアログの内容に従って操作し、最後に拡張機能の確認に問題が無ければダウンロードをクリックします。

    Windows 10アプリ→iCloud→ブックマーク

  4. 各ブラウザより拡張機能をダウンロード&インストールします。
    Webブラウザによって異なります。Microsoft Edgeは “Chromeウェブストア” より手動でダウンロード&インストールする必要があります。

    Windows 10→Chromeブラウザ→拡張機能→iCloudブックマーク

ブックマークを同期するやり方は以上です。

上手く同期されない場合は、「しばらく待つ」「拡張機能の設定を確認する」「Webブラウザを再起動する」などを試してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました