Windowsでファイル名を指定してアプリを実行する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

Windows 10には、その存在を見ることが少なくなってしまった『ファイル名を指定して実行』があります。アプリケーションなどを手軽に起動できるので使いこなせるように覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

『ファイル名を指定して実行』とは?

Windows 7などではスタートメニューから起動できましたが、Windows 10ではWindowsRキーで起動できるウィンドウです。

表示されたウィンドウの入力欄に特定のコマンドを入力することで、様々な処理を実行させることができます。

Windows 10→ファイル名を指定して実行

コマンドの一例

ディレクトリを開く

特定のコマンドを入力することで、対応したフォルダーを開くことができます。

  1. WindowsRキー』を押下し “ファイル名を指定して実行” を起動します。

    Windows 10→ファイル名を指定して実行

  2. 以下のコマンドを入力し『OK』をクリックします。
    ファイル名 動作
    %HomePath% ユーザーのホームを開く
    %ProgramFiles% プログラムファイルのフォルダーを開く
    %WinDir% Windowsフォルダーを開く
    %Temp% Tempフォルダーを開く

    特定のコマンドでなくとも、任意のフォルダーへのフルパス(絶対パス)の入力でも可能です。

  3. 対応するフォルダーがエクスプローラーで開きます。

    Windows 10→エクスプローラー→PC

ディレクトリを開くやり方は以上です。

アプリケーションを実行する

特定のコマンドを入力することで、対応したアプリケーションを実行することができます。

  1. WindowsRキー』を押下し “ファイル名を指定して実行” を起動します。

    Windows 10→ファイル名を指定して実行

  2. 以下のコマンドを入力し『OK』をクリックします。
    ファイル名 アプリ
    calc 電卓
    cmd コマンドプロンプト
    control コントロールパネル
    explorer エクスプローラー
    magnify 拡大鏡
    msconfig システム構成
    mspaint ペイント
    notepad メモ帳
    regedit レジストリエディタ
    stikynot 付箋
    write ワードパッド
    devmgmt.msc デバイスマネージャー
    diskmgmt.msc ディスクの管理
    perfmon.msc パフォーマンスモニター
    services.msc システムサービスの設定

アプリケーションを実行するやり方は以上です。

キーボードだけでアプリケーションを実行することができるので、マウスに持ち替えることなく素早く操作することができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました