Googleドライブの “バックアップと同期” でPCのファイルを保存する方法

クラウド Windows

GoogleのクラウドストレージサービスであるGoogleドライブに、パソコン上の任意のファイル・フォルダを自動的にアップロードし同期(バックアップ)できる機能 “バックアップと同期” が登場しました。

Windows向けソフトウェア “Googleドライブ” は2017年12月11日にサポート終了し2018年3月12日にサービス終了となるので、それ以降は “バックアップと同期” に移行する必要があります。
スポンサーリンク

バックアップと同期ってなに?

これまでのGoogleドライブでは、専用のフォルダである “Googleドライブフォルダ” 内に保存したファイル・フォルダのみ自動でアップロードし同期(バックアップ)されていたので、Googleドライブフォルダの外にあるファイル・フォルダに関しては手動でコピー(または移動)させる必要がありました。

今回、登場した “バックアップと同期” では、パソコン内のユーザーが指定した任意のファイル・フォルダを自動的にアップロードし同期(バックアップ)してくれるようになりました。

バックアップと同期を使用するためには、対象のパソコンに専用ソフトウェアをインストールする必要があります。Googleドライブには、これまでにも “Mac/Windows版 Googleドライブ” と “Google Photos Backup” などのソフトウェアが提供されていましたが、それらが統合されたようなソフトウェアとなっています。

ダウンロード&インストール

  1. Googleドライブにアクセスし “ダウンロード” より『Download Backup and Sync』をクリックします。

    Googleドライブ→バックアップと同期

ダウンロードされたファイルを実行するとインストールが行われます。

バックアップと同期の使いかた

初期設定

  1. チュートリアルが開始されたら進めて『Googleアカウント』でログインします。

    Googleドライブ→バックアップと同期

  2. Googleドライブへ自動的に同期(バックアップ)するフォルダを選択します(パソコンの任意フォルダ → Googleドライブ)。
    既に選択済みのフォルダ以外を指定したい場合には『フォルダを選択』をクリックします。

    Googleドライブ→バックアップと同期

  3. パソコンへ自動的に同期するGoogleドライブ内のフォルダを選択します。(Googleドライブの任意フォルダ → パソコン)

    Googleドライブ→バックアップと同期

同期が完了すれば終了です。

保存先

パソコンの任意フォルダは、初期設定時に選択したパソコンの任意フォルダは、Googleドライブの “パソコン” に同期されます。

Googleドライブの任意フォルダは、初期設定時に選択したGoogleドライブの任意フォルダは、パソコンのユーザー配下に同期されます。

C:\Users\(ユーザー名)\Google ドライブ

これらの初期設定にて選択したフォルダは、後から変更することが可能です。

設定の変更

  1. タスクトレイにあるアイコン “Googleドライブ” を右クリックします。

    Windows 10→タスクトレイ

  2. 表示された内容の “三点リーダー(3つの点)” よりメニューを表示し『設定』をクリックします。

    Googleドライブ→バックアップと同期

  3. 表示された設定より内容を変更します。

    Googleドライブ→バックアップと同期

Googleドライブのバックアップと同期の使いかたは以上です。

容量に余裕があれば「パソコンのデータをすべてGoogleドライブへバックアップする」と言ったこともできるかもしれません。ただし、Googleドライブで利用できる容量は “Gmail” や “Googleフォト” と共有なので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました