Windows 10で動画ファイルからDVDを作成する方法

パソコン Windows

動画ファイルからDVDを作成する場合、ビデオカメラなどを持っていれば付属のソフトウェアがありますが、iPhoneやAndroidスマートフォンなどで撮影した動画ファイルの場合にはフリーソフトのオーサリングソフトを使えば簡単に作ることができます。

ソフトウェアは自己責任で使用してください。何がおきても一切の責任は負いません。
スポンサーリンク

DVDオーサリングソフト

動画ファイルから “DVD” や “BD(Blu-ray Disc)” を作成することをオーサリングと呼び、専用のソフトウェアを用いて行うことができます。

Windowsパソコンであれば、以前はプリインストール(プレインストール)された “Windows DVD メーカー” を使って簡単に作成することができましたが、Windows 10ではサポートされておらずプリインストールはもちろんダウンロードすら出来なくなってしまいました。このため、Windows 10でDVDのオーサリングを行うためには別途のソフトウェアを用意する必要があります。

有料で優秀なソフトウェアは数多くありますが、一般家庭で利用するには敷居が高いかもしれませんので、今回はフリーソフトウェアのDVD Flickを使ってDVDを作成してみました。

ダウンロード&インストールの手順

  1. Webブラウザより DVD Flick の “download” より『Download DVD Flick』をクリックします。
    今回はバージョン “1.3.0.7” をダウンロードしました。

    Windows 10→DVD Flick

  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、起動したインストーラーより画面の指示に従ってインストールを行います。
    インストールオプションは特に変更する必要は無くデフォルトで問題ありません。

    Windows 10→DVD Flick

有志によって作成されたパッチを用いて日本語化することも可能ですが、非公式であるため今回は日本語化せずに使用しています。

DVD Flickの使いかた

DVDオーサリングの手順は、全てを説明すると複雑になるため、DVDプレイヤーで再生できる最低限の設定を紹介します。

動画の追加

DVD化する動画ファイルをDVD Flickに対してドラッグ&ドロップします。

Windows 10→DVD Flick

必要に応じて『Save Project』をクリックし、プロジェクトの保存をオススメします。

プロジェクトの設定

Project settingsより “Burning” の『Create ISO image』をチェックし、その他は任意の設定します。

Windows 10→DVD Flick

『Burn project to disc』にチェックを付ければDVDへの書き込みまで一度に行えますが、失敗することがあるようなので今回は別に行いました。

メニューの設定

Menu settingsより好みのメニューを選択します。

Windows 10→DVD Flick

メニューが不要な場合には『None』を選択します。

動画の設定

Edit title…より “Chapters” の『Create chapters on every video source』にチェックし『Apply to all titles』をクリックします。その他は任意に設定します。

Windows 10→DVD Flick

チャプターの数が多くなりすぎると、プレイヤーによっては再生できなくなるので注意してください(100未満を推奨)。

DVDイメージの作成

Create DVDよりDVDイメージ(ISOイメージ)を作成します。動画の数や長さにもよりますが、比較的に長い時間を要するので注意してください。

Windows 10→DVD Flick

作成先のフォルダーにファイルが存在する場合にはダイアログ “WARNING!” が表示されますが、上書きしても問題が無ければ『OK』をクリックします。

DVDを書き込む

作成された “ISOイメージ” をライティングソフトなどを使ってDVDへ書き込みますが、Windows 10ではデフォルト機能で書き込めるので別途のソフトウェアが不要です。

DVD Flickを使って動画ファイルからDVDを作成するやり方は以上です。

大がかりなDVDを作成することは難しいかもしれませんが、家庭用で楽しむには十分でしょう。

タイトルとURLをコピーしました