[Win10] パソコンのタッチパッドを無効にする方法

スポンサーリンク
キーボード&タッチパッド 設定

ノートパソコンにはマウスを付けなくてもカーソルの操作が可能な “タッチパッド” などが搭載されていることが多いですが、キーボードを使っているときに指が触れて誤操作をしてしまう場合には無効にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

タッチパッドとは?

昨今のパソコンは、文字入力を行う “キーボード” の他に画面上に表示されている矢印(カーソル)を操作する “マウス” を使うのが一般的ですが、ノートパソコンなどではマウスを接続しなくとも指でカーソルの操作が可能になっており、この入力デバイスをタッチパッドと呼びます。

タッチパッド

別途にマウスを用意する必要はなく、パソコン単体ですべての操作が可能となるため便利ですが、キーボード下に配置されることが多いため、文字入力などでキーボードを操作しているとタッチパッドに指が触れてカーソルが移動してしまったりと誤操作になることが多々あります。

このため、マウスなど別の入力デバイスを用いているのであれば、無効にしてしまった方が捗るかもしれません。

タッチパッドを無効にする手順

搭載されている機器(タッチパッド)によって大きく異なる場合があります。
  1. 設定より『デバイス』をクリックします。

    Windows10→設定

  2. デバイスのタッチパッドにある “関連する設定” より『追加の設定』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→タッチパッド

  3. プロパティの “デバイス設定” より『USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイスを無効にする。』をオンにします。

    Windows10→マウスのプロパティ

    USBマウスで無くBluetoothマウスでも無効になりました。
    デバイスを選択後に『無効』をクリックしても無効にできますが、マウスなど他のデバイスが接続されていないとカーソルの操作ができなくなるので注意してください。
    参考 パソコンを “キーボード” だけで操作する方法

タッチパッドを無効にするやり方は以上です。

USBマウス(Bluetoothマウス)の有無に関係なく無効にしても良いかもしれませんが、マウスが故障したり何らかの理由によって接続ができなかった場合に操作が困難になってしまうので、マウス接続時のみタッチパッドを無効にする設定が良いかと思います。