Windows 10のロック画面を無効にする方法

スポンサーリンク
セキュリティ Windows

Windows 10にはスマートフォンなどと同様に “ロック画面” が表示され、クリックすると “サインイン画面” よりサインインすることができますが、この一手間が煩わしいのであれば無効にして “サインイン画面” を直接表示することができます。

スポンサーリンク

ロック画面とは?

起動やスリープ解除の後に、いきなり “パスワード入力画面” を表示させるのではなく、任意の操作(スワイプやキー押下など)を要求する画面をロック画面と呼びます。

何らかの理由によって意図せずロック画面が表示された際、タッチパネルなどの誤作動を防止するものと思われますが、ノートパソコンなど画面を閉じることができるデバイスでは、あまり意味は無いかもしれません。

そのため、不要であれば “ローカルグループポリシーエディター(Pro以上)” または “レジストリ(Homeなど)” より表示されないよう無効に設定することができます。

ローカルグループポリシーエディターで無効にする手順

Pro以上のエディションが必要です。Homeなどはレジストリから操作します。
  1. ファイル名を指定して実行より『gpedit.msc』を実行します。

    Windows 10→ファイル名を指定して実行

  2. ローカルグループポリシーエディターの “個人設定” より『ロック画面を表示しない』を開きます(ダブルクリック)。
    コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > コントロールパネル > 個人設定
    

    Windows 10→ローカルグループポリシーエディター

  3. ダイアログより “有効” を選択し『OK』をクリックします。
    “ロック画面を表示しない” に対する設定なので『有効』を選択します。

    Windows 10 Pro→グループポリシーエディター→ロック画面を表示しない

ローカルグループポリシーエディターで無効にするやり方は以上です。

レジストリで無効にする手順

レジストリの操作は自己責任で行ってください。何がおきても一切の責任は負いません。
  1. レジストリエディタより『Personalization』を開きます。
    無い場合は新規に作成します。

    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Personalization
    

    Windows 10→レジストリエディタ

  2. Personalization配下に “DWORD(32ビット)値” を作成し名前を『NoLockScreen』に変更します。

    Windows 10→レジストリエディタ

  3. NoLockScreenの値を『1』に変更し再起動します。

    Windows 10→レジストリエディタ

レジストリで無効にするやり方は以上です。

ロック画面を無効にする設定は、アップデートによって一時期できなくなりましたが、再度できるようになったようです。

タイトルとURLをコピーしました