Microsoft IMEの誤変換記録をオフにする方法

スポンサーリンク
キーボード&タッチパッド 設定

Windows 10のMicrosoft IMEにて、誤変換を何度が行うと “Microsoft IME 誤変換記録” と通知が表示されますが、結構な頻度で表示されてしまうので表示されないようオフにしてみました。

スポンサーリンク

誤変換記録とは?

そもそも “誤変換” とは、その名の通り「誤った変換」を指しています。この「誤った変換」をどのように識別しているかと言えば、文字入力時に「変換を確定する」「確定された文字を削除する」と操作すると誤変換となります。Windows 10では、この誤変換を記録し一定数にたまると送信するか否かの通知 “Microsoft IME 誤変換記録” が表示されます。

Windows 10→通知→Microsoft IME 誤変換記録

Windows 10で文字入力が多い作業をしていると、この通知 “Microsoft IME 誤変換記録” が結構な頻度で表示されてしまうので、誤変換記録をオフにし通知が表示されないようにしてみました。

誤変換記録をオフにする手順

誤変換記録をオフにするにはMicrosoft IMEの設定を変更しますが、設定がグレーアウトされて変更できない場合には、Windows 10の設定を変更する必要があります。

手描き入力とタイプ入力の認識制度を上げる

  1. 設定より『プライバシー』をタップします。

    Windows10→設定

  2. プライバシーの “診断&フィードバック” より『手描き入力とタイプ入力の認識制度を上げる』をオンにします。

    Windows 10→設定→プライバシー

誤変換の履歴をファイル保存しない

  1. タスクバーの “Microsoft IME” アイコンを右クリックして表示されるメニューより『誤変換レポート』をクリックします。

    Windows 10→Microsoft IME→メニュー

  2. 誤変換レポートより『設定』をクリックします。

    Windows 10→誤変換レポート

    設定がグレーアウトされてクリックできない場合には、前述したWindowsの設定を変更します。
  3. 設定より『誤変換の履歴をファイルに保存する』をオフにします(チェックを外す)。

    Windows 10→誤変換レポート→設定

誤変換記録をオフにするやり方は以上です。

これで、誤変換が記録されなくなるので送信の必要もなく通知も表示されなくなるでしょう。