Windows 10で音楽ファイルからCDを作る方法

スポンサーリンク
ヘッドホン Windows

「自分で作った音楽をCDにしたい」などと言った場合、パソコンで音楽ファイル(.mp3や.wavなど)を “CD(Compact Disc:コンパクトディスク)” に書き込む必要がありますが、適切なソフトウェアで操作をしないと “オーディオCD” では無く “データCD” となってしまい、CDプレイヤーなどでの再生ができないので注意が必要です。

ソフトウェアは数多く存在していますが、今回は「無料で使える」「日本語が使える」「操作がしやすい」「複数のファイル形式に対応している」をポイントに “BurnAware Free” を使ってみました。

書き込む際には書き込みが可能な “ドライブ” と “CD-R” と言ったメディアが必要です。

SONY CD-R オーディオ 5枚パック 5CRM80HPXS
SONY CD-R オーディオ
Amazon
Yahoo!
スポンサーリンク

BurnAware Freeをインストールする手順

  1. ダウンロードした “インストーラー” をダブルクリックし画面の指示に従って『次へ』をクリックします。
    特に問題が無ければデフォルトのままでも問題はありませんが、途中で関係の無いソフトウェアのインストールを要求された場合、不要であれば『DeCline』をクリックします。

    Windows 10→インストール→BurnAware Free

  2. 最後に『完了』をクリックします。

    Windows 10→インストール→BurnAware Free

BurnAware Freeをインストールするやり方は以上です。

BurnAware Freeの使いかた

  1. ソフトウェアより『オーディオCD』をクリックします。

    Windows 10→BurnAware Free

  2. オーディオCDより使用するメディアの容量に合わせて『CD〇〇分』を選択します。

    Windows 10→BurnAware Free

  3. オーディオCDより『音楽ファイル(.mp3や.wavなど)』をドラッグ&ドロップします。
    メニューの『+』から選択することもできます。

    Windows 10→BurnAware Free

  4. オーディオCDより『書き込み』をクリックします。

    Windows 10→BurnAware Free

BurnAware Freeの使いかたは以上です。

複数のファイル形式を混ぜても問題は無いようです。

タイトルとURLをコピーしました