Windows 10でPowerShell・コマンドプロンプトを起動する方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

コマンドプロンプトとは、キーボードから決まった文字列(命令)を入力してWindowsを操作するための仕組みです。Windows 10では2017年04月のCreators Updateにおいて、これを拡張した “Windows PowerShell” がデフォルトで起動するようになりましたが、これは設定で切り替えることができます。

スポンサーリンク

PowerShellとコマンドプロンプトを切り替える手順

  1. 設定より『個人用設定』を選択します。

    Windows 10→設定

  2. 個人用設定の “タスクバー” より『~コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える』のオン/オフを切り替えます。
    オンにすると “Windows PowerShell” が表示され、オフにすると “コマンドプロンプト” が表示されます。

    Windows 10→設定→個人用設定→タスクバー

Windows PowerShellとコマンドプロンプトを切り替えるやり方は以上です。

Windows PowerShell(コマンドプロンプト)を起動するやり方はいくつかありますが、『管理者』で起動することも考えてスタートボタンから起動する方が良いでしょう。

スタートボタンから起動する手順

  1. 画面左下のスタートボタン(Windowsロゴ)を右クリックし表示されたコンテキストメニューより『Windows PowerShell(コマンドプロンプト)』をクリックします。
    必要に応じて『~(管理者)』をクリックします。

    Windows 10→スタートボタン→右クリックメニュー

  2. Windows PowerShell(コマンドプロンプト)のウィンドウが表示されます。

    Windows 10→PowerShell

スタートボタンから起動するやり方は以上です。

他にもファイル名を指定して実行より『cmd』の入力で実行できますが、この場合は “~(管理者)” の起動ができないので注意してください。

ちなみに、マウスで操作するのを「GUI(Graphical User Interface)」と呼ぶのに対して、キーボードのみで操作するのを「CUI(character user interface)」と呼びます。

ほとんどの操作はGUIによってできますが、一部にCUIのみで提供されている機能もあるので、覚えておくと便利でしょう。

タイトルとURLをコピーしました