[Win10] 画面の表示内容を大きくする方法

スポンサーリンク
ディスプレイ 設定

パソコンは解像度が大きくなればなるほど文字やマウスカーソル(マウスポインター)が小さく表示されてしまいます。デスクトップパソコンであればディスプレイサイズを大きくすれば解決しますが、持ち運ぶモバイルノートパソコンは大きさに限界があるので表示内容が大きくなるように設定すると良いでしょう。

スポンサーリンク

大きくできるもの

Windows10では、ディスプレイ(画面)の解像度に関係なく、表示される “文字” や “マウスカーソル” を大きく表示させることができます。文字とマウスカーソルは、それぞれ個別に設定をするので、どちらか一方のみを大きくすることも可能です。

文字サイズを変更する手順

変更できる大きさはパソコンによって異なります。また、文字を大きくするとブラウザで表示される文字サイズも大きくなります。そのため、Webサイトによってはデザインなどが崩れる恐れがあるので注意してください。

  1. スタートメニューより設定を開き『システム』をクリックします。

    Win10→設定

  2. システムのディスプレイより『テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する』のスライダーを変更します。

    Win10→設定→ディスプレイ

  3. 変更すると即時適用されます。

    Win10→設定→ディスプレイ→文字の大きさを変更

文字サイズを変更し大きく表示するやり方は以上です。

一部のアプリではサインアウトするまで適用されないことがあるので、念のため “再起動” もしくは “サインアウト” をオススメします。

参考 サインアウト(ログオフ、ログアウト)する方法

カーソルのサイズを変更する手順

  1. スタートメニューより設定を開き『簡単操作』をクリックします。

    Win10→設定→簡単操作

  2. 簡単操作のマウスより『ポインターのサイズ』を変更します。

    Win10→簡単操作→マウス

  3. 変更すると即時適用されます。

    Win10→簡単操作→マウス→サイズ変更

マウスカーソル(マウスポインター)のサイズを変更するやり方は以上です。

昨今では4Kディスプレイなども発売されており、画面が大きくなることで文字やマウスカーソルが小さく感じてしまう場合にも有効です。