Windows 10でアプリやファイルの保存先を変更する方法

スポンサーリンク
ストレージ Windows

Windowsパソコンで新しいファイル(アプリやドキュメント、音楽、写真など)を保存する場合、Windows OSがインストールされたドライブ(主にCドライブ)がデフォルトの保存先ですが、これを別のストレージ(Dドライブなど)へ変更することができます。

スポンサーリンク

OS用とデータ用に分ける

一般的なパソコンでは、OSがインストールされたドライブ(Cドライブ)にデータを保存していることが多いかもしれません。しかし、データ保護の観点からすれば別のドライブ(Dドライブなど)へ保存するのが良しとされています。

また、読み書きスピードの速いSSDなどを使用する場合、SSDは比較的に高価であるためOS用とし、安価なHDDを別途にデータ用として用意するとコストパフォーマンスが高くなります。

保存するたびに、いちいち保存先を変更するのが面倒であれば、デフォルトの保存先を変更すると良いでしょう。

保存先を指定する手順

  1. 設定より『システム』を選択します。

    Windows 10→設定

  2. システムの “ストレージ” より『新しいコンテンツの保存先を変更する』をクリックします。

    Windows 10→設定→システム→ストレージ

  3. 新しいコンテンツの保存先を変更する より『新しいアプリの保存先』を始め『新しいドキュメントの保存先』などを変更します。
    他に『新しい音楽の保存先』『新しい写真とビデオの保存先』『新しい映画とテレビ番組の保存先』『新しいオフラインマップの保存先』が変更できます。

    Windows 10→設定→システム→ストレージ→新しいコンテンツの保存先を変更する

保存先を指定するやり方は以上です。

安易に取り外しが可能な “USBメモリー” や “SDカード” などの外部ストレージも選択することができますが、取り外す際には注意してください。

タイトルとURLをコピーしました