当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Windows 10にiCloudアプリをインストールし同期する方法

HDD Windows

iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windowsアプリ版が用意されており、インストールすることで連携して使うことができます。

iCloudアプリでできること

クラウドサービスであるCloudはメールサービスはもちろん、オンラインストレージを使うことができます。

例えば、iPhoneなどで撮影された “写真(画像)” や “動画” などが自動的にアップロードされ、iCloudをインストールしたパソコンへダウンロードされます。また、逆にパソコンからiPhoneなどへ “写真(画像)” や “動画” をアップロードすることも可能です。

このため、iPhone / iPadWindowsパソコンを所有している場合には、インストールし設定を済ませておくとスマートなデータのやり取りが可能になります。

iCloudアプリをインストールする手順

  1. Microsoft Storeより “iCloud” を検索し『入手』をクリックするとダウンロード&インストールが行われます。

    Windows 10→Microsoft Store

  2. スタートメニューなどから起動できます。
    スタートメニューは『Windowsロゴ』をクリックすることで表示できます。初回起動時のみサインインが必要です。

    Windows 10アプリ→iCloud

iCloudアプリをインストールするやり方は以上です。

iCloudアプリの使いかた

サインインする手順

  1. アプリを起動し “Apple ID” でサインインします。

    Windows 10アプリ→iCloud→サインイン

  2. iCloudアプリが表示されます。

    Windows 10アプリ→iCloud

Apple IDでサインインするやり方は以上です。

同期する手順

  1. iCloudアプリより『(同期する項目)』にチェックします。

    Windows 10アプリ→iCloud

  2. iCloud Driveは以下の場所に同期されます。
    C:\Users\(ユーザー名)\iCloudDrive
    

iCloudアプリの使いかたは以上です。

同期するには iPhone / iPad の設定も必要です。

iPhone / iPad の保存データをiCloudに同期する方法
iPhoneでは “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができ、カメラやスクリーンショットで撮影された “写真(画像)” や “ビデオ(動画)” を始め “連絡先” や “カレンダー” などのデータを自動的にアップロード...
タイトルとURLをコピーしました