液晶テレビをPCモニターとして使う方法

スポンサーリンク
ディスプレイ Tips

モバイルノートパソコンのような小さなパソコンを使っていると、ディスプレイの小ささが難点になることがあります。外出時は仕方が無いにしろ自宅や会社・職場では大きな画面で使いたいものです。

スポンサーリンク

液晶テレビとPCモニターの違い

昨今の比較的に新しい液晶テレビであれば、パソコンと接続するための接続口さえあれば、液晶テレビでもPCモニターと同じように使うことができますが、見え方に若干の違いが生まれます。

テレビは基本的に距離をとって視聴するものであるため、筐体の大きさの割に解像度が低めに設定されていることが多いです。このため、パソコンモニターと同様に接近して視聴すると映し出された映像の粗さが気になるかもしれません。かと言って離れてみると細かい文字などが見えにくいかもしれないので、液晶テレビまでの “距離” が難しいでしょう。

また、パソコンモニターはパソコンから出力されたデータを「正確に表示する」ことを目的に描画されていますが、液晶テレビは「綺麗に表示する」ことを目的としているので、画面の “色合い” や “コントラスト” などに違いが出てしまいます。閲覧するだけであれば問題なくとも「イラストを描く」「動画を編集する」と言ったデジタルコンテンツの制作作業には向かないでしょう。

さらに、パソコンの操作を行った際に画面への表示が少し遅れてしまう “遅延” が発生することもあります。インターネットを視聴したりする分には問題ないでしょうが、ゲームなどをプレイする際には専用モニターの購入をオススメします。

ただし、液晶テレビによっては “PCモード” のような専用のモードが用意されている機種もあるので、それらの機能を活用すると違和感も少なくなるかもしれません。

PCとの接続に必要なもの

パソコンと液晶テレビを接続するためには “HDMI” などの規格で接続するのが一般的です。パソコンが「HDMI出力できる」のはもちろん液晶テレビが「HDMI入力できる」必要があります。また、それらを接続するための “HDMIケーブル” が必要となります。

HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m ゴールド 4K/60p 3D HEC ARC リンク機能 HDM15-891GD
ハイスピードHDMIケーブル 4K/60p 3D HEC ARC リンク機能 HDM15-891GD
Amazon
Yahoo!

HDMIは映像・音声をデジタル信号で伝送するための標準規格です。よほど古い機種でない限りはパソコンや液晶テレビに差込口がついているので問題は無いでしょう。また、仮に “HDMI” が無い場合でもパソコンと液晶テレビに同じ規格の接続口があれば必ずしもHDMIである必要ありません。

異なる規格どうしであっても変換アダプターなどを用いれば無理やり接続することができますが、逆に言えば接続できなければ「液晶モニターとして使うのに向いていない」と考えたほうが良いかもしれません。

液晶テレビに表示する設定は?

パソコンと液晶テレビの接続ができれば一般的なパソコンモニターと同様に “デュアルディスプレイ” として使うことができます。パソコンの設定を変更することによって「同じ画面を表示する」「パソコンの画面を拡張する」と言ったことをすることができます。

参考 Windows 10でデュアルディスプレイを使う方法