当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

キーボードのWindowsキーは何に使うのか?

キーボード Windows

Windowsパソコンのキーボードに搭載されている[Windowsキー(Windowsロゴキー)]は、最初のうちは「何に使うのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、慣れてくると「意外と便利だった」と思うかもしれません。

Windowsキーとは?

Windowsに対応したキーボードには のキーが用意されていることがありますが、これはWindowsのロゴであり「Windowsキー」「Windowsロゴキー」などと呼ばれることが多いです。

キーボードによって異なることはありますが、Ctrl Fn Alt などと並んで下段にあることが多いです。

その名の通りWindowsで使うものであり、macOSやLinuxと言った別のOSでは[無効]または[別の機能]が割り当てられていることもあります。また、Windowsに加えmacOSなどマルチに対応したキーボードなどではWindowsキーが無い場合もあります。

HHKB Professional HYBRID Type-S 雪 (日本語配列)
HHKB Professional HYBRID Type-S
 
Windowsキーが無いキーボードでも切り替えることで使える場合があるので、マニュアル(取扱説明書)を確認してみると良いでしょう。

Windowsキーの使いかた

スタートメニューを開閉する

Windows 10→スタートメニュー

Windowsキー(Windowsロゴキー)に割り当てられている機能の機能は「スタートメニューを開く」です。単純にキーだけを押下すれば、その挙動がわかるでしょう。

また、スタートメニューが開いた状態でキーを押下すれば「スタートメニューを閉じる」と言う挙動も可能です。

これにより、スタートメニューをキーボードだけで操作することも可能です。

Windowsパソコンを “キーボード” だけで操作する方法
パソコンを操作する上で必要な入力機器は、現在では『マウス』が主流になっています。しかし、そんなマウスも使い続ければ壊れてしまうので、壊れてしまった時でも最低限の操作が行えるようにキーボードだけで操作するやり方を覚えておくと良いでしょう。

ショートカットキー

Windows 10→スクリーンキーボード

特定の機能を動作させる目的で複数のキーを組み合わせて使うことをショートカットキーと呼びます。

Windowsキー(Windowsロゴキー)にはショートカットキーが割り当てられており、こちらをメインで使う方が多いかもしれません。

Windowsキーのショートカット
キー 処理
+ D デスクトップを表示する
+ E [コンピューター]を表示する
+ Break [システム]を表示する
+ F ファイルまたはフォルダを検索する
+ R [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開く
+ L コンピューターをロックする、またはユーザーを切り替える
+ T 通知領域上の各プログラムを巡回する
+ ウィンドウを最大化する
+ ウィンドウを最小化する
+ Home 作業中のウィンドウ以外をすべて最小化する

ショートカットキーはキー以外にも数多くあるので、覚えておくと便利かもしれません。

Windowsでショートカットキーを使う方法
パソコンを操作する際にはマウスを使って行うことが主流で、キーボードは文字入力にしか使われていないことが多いです。しかし、キーボードを使って操作をすることもでき、使い方を覚えれば非常に便利に使うことができます。
タイトルとURLをコピーしました