iPhone / iPad をパソコンへバックアップする方法

スポンサーリンク
パソコン Windows

iPhone / iPad などのiOSデバイスでは、iTunesと言うApple製のパソコン向け公式ソフトウェアを使って、簡単にバックアップをすることが可能です。

パソコンを使ってiOSデバイスをバックアップするにはパソコンに iTunes がインストールされている必要があります。

また、WindowsやMacなどのパソコンが必要になるため「持っていない」と言う人は “iCloud” を使ったやり方が用意されています。ただし、iCloudは “重要なデータのみ” となります。また、iCloudを利用した本体バックアップが有効になっているとiTunesによるバックアップができないので注意してください。

バックアップはiTunesを起動た上で “パソコン” と “iPhone” をLightningケーブルで接続すると自動的に開始されますが、何らかの理由によって「できない」場合でも手動でバックアップすることができます。

スポンサーリンク

手動でバックアップする手順

  1. iTunesを起動た上で “パソコン” と “iPhone” をLightningケーブルで接続し、画面左上に追加された『デバイスのアイコン』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→iPhoneとの接続

  2. 概要のバックアップより “このコンピュータ” にチェックし『今すぐバックアップ』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→概要

パソコンを使ってバックアップする方法は以上です。保存されているデータ容量が多い場合には、ある程度の時間を要することがあるので注意してください。

バックアップから復元する手順

iPhoneを初期化したり機種変更しても、iTunesにバックアップデータがあれば、最後にバックアップを行った状態に復元(レストア)することができます。

最新のバックアップから復元する

  1. iTunesを起動た上で “パソコン” と “iPhone” をLightningケーブルで接続しするとバックアップを復元するか問われるので、復元する場合には “このバックアップから復元” をチェック、プルダウンから “復元するデータ” を選択し『続ける』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→新しいiPhone

  2. 復元が完了すると “お使いのiPhone用の設定が復元されました。”と表示されるので、ケーブルを接続したままiPhoneが再起動するのを待ちます。

    Windows 10→iTunes→新しいiPhone→復元

iPhoneが再起動したらiPhoneの画面に従って操作を行います。

iTunesにバックアップしたデータは何代かにわたって保存されているので、過去のバックアップデータから復元させることも可能です。

過去のバックアップデータから復元する

  1. iTunesを起動た上で “パソコン” と “iPhone” をLightningケーブルで接続し、画面左上に追加された『デバイスのアイコン』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→iPhoneとの接続

  2. 概要のバックアップより『バックアップを復元』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→概要

  3. 表示されたダイアログより、プルダウンから “復元したいデータ” を選択し『復元』をクリックします。

    Windows 10→iTunes→復元→バックアップの選択

  4. 復元が完了すると “お使いのiPhone用の設定が復元されました。” と表示されるのでケーブルを接続したままiPhoneが再起動するのを待ちます。

    Windows 10→iTunes→新しいiPhone→復元

iPhoneが再起動したらiPhoneの画面に従って操作を行います。

バックアップを削除する手順

パソコンのストレージを圧迫するため、不要になったバックアップは削除することができます。iTunes上から操作できるので、保存場所から直接に削除しないよう注意してください。
  1. iTunesの “編集” より『環境設定』をクリックします。

    Windows 10→iTunes

  2. デバイス環境設定の “デバイス” より『デバイスのバックアップ』を選択の上でバックアップを削除をクリックします。

    Windows 10→iTunes→デバイス環境設定→デバイス

バックアップを削除するやり方は以上です。

iTunesでこまめにバックアップをしておけば、たとえiPhoneが “故障” したり “紛失” したり “盗難” にあっても、中のデータを復元させることが可能であるため、データのバックアップはこまめに行っておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました