Chromeブラウザでパソコンを遠隔操作する方法

パソコン Windows

Chromeブラウザには “Chromeリモートデスクトップ” と呼ばれる機能を搭載させることができ、インターネット経由で遠隔操作(リモートデスクトップ)することができます。持ち運び用のモバイルパソコンでは力不足な場合でも、外出先からインターネットを経由して自宅や会社のパソコンにアクセスして操作をすることができるようになります。

スポンサーリンク

リモートデスクトップってなに?

パソコンを他のパソコン(もしくはタブレットなどのデバイス)から遠隔操作することをリモートデスクトップと呼びます。

Windowsパソコンに搭載されている機能が有名ですが、Windowsのリモートデスクトップはエディションによって使えなかったり、同じLAN内のパソコンであれば簡単でもインターネットを経由したリモートデスクトップは手間がかかってしまいます。

そのため、サードパーティから遠隔操作するためのソフトウェアが様々提供されていますが、パソコンに接続するため「ちょっと不安がある」と言う人も多いでしょう。そこで、お手軽にできるChromeリモートデスクトップがオススメです。

Chromeリモートデスクトップを利用するには、Chromeブラウザに “拡張機能” をインストールする必要があります。この拡張機能は “操作される側” と “操作する側” の両方にインストールする必要があります。

Chromeリモートデスクトップのインストール

  1. ChromeブラウザよりChromeリモートデスクトップにアクセスし『CHROMEに追加』をクリックします。

    Web→Chrome拡張機能→Chromeリモートデスクトップ

  2. 表示されたダイアログを確認し問題が無ければ『アプリを追加』をクリックします。

    Web→Chrome拡張機能→Chromeリモートデスクトップ

Chromeリモートデスクトップの使いかた

リモートデスクトップでは “接続される側” をホスト、外部から “接続する側” をクライアントと呼びます。

ホストを待ち受けにする手順

  1. Chromeブラウザの “アプリ” より『Chromeリモートデスクトップ』をクリックします。

    chrome://apps/
    

    Chromeブラウザ→アプリ

  2. Chromeリモートデスクトップの “マイコンピュータ” より『利用を開始』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

  3. 環境によっては追加のダウンロードが必要になる場合があるので必要に応じて『同意してインストール』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

  4. 外部から接続する際に必要な6桁以上の “PIN” を入力し『OK』をクリックします。
    PINとは銀行の暗証番号などのように数字のみで構成されたパスコード(パスワード)です。数字以外を入力しても受け付けず数字のみ入力されるので注意してください。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

Chromeリモートデスクトップにおけるホストを待ち受けにするやり方は以上です。

クライアントから接続する手順

ホストと同じLANに接続している必要は無く、外出時のテザリング中などでも問題ありません。また、Androidなどでは専用アプリを使って接続することもできます。
  1. Chromeリモートデスクトップの “マイコンピュータ” より『利用を開始』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

  2. 先に待ち受け状態にした『ホスト』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

  3. ホストに設定した『6桁以上のPIN』を入力し『接続』をクリックします。
    「Chromeリモートデスクトップは最新ではないため、更新する必要があります。」と警告ダイアログが表示される場合、しばらく待つか『このまま接続する』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

Chromeリモートデスクトップにおけるクライアントから接続するやり方は以上です。

切断する

  1. クライアントの “Chromeリモートデスクトップ” よりウィンドウ左上の『切断アイコン』をクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ→Windows 10

  2. 必要に応じてホストの “Chromeリモートデスクトップ” よりリモート接続を無効にするをクリックします。

    Chromeブラウザ→リモートデスクトップ

Chromeリモートデスクトップにおける切断のやり方は以上です。

リモートデスクトップは “パソコン同士” や “Windows同士” で接続すると思われがちですが、昨今ではタブレットなどからも接続できるので、Windows 10のタブレットモードを使えばAndroidタブレットを疑似Windowsタブレットのように使うこともできます。

タイトルとURLをコピーしました