Wear OSなスマートウォッチでタイルを編集する方法

時計 Wear OS by Google

Wear OSを搭載したスマートウォッチでは、ディスプレイを左右にスワイプすることで特定のアプリ(Google Fitなど)を表示することができます。これは “タイル” と呼ばれ、これまで一部のアプリのみでしたが、それ以外のアプリでも使えるようになりました。

スポンサーリンク

Wear OSでアプリを起動するには?

Wear OSを搭載したスマートウォッチは、Androidスマートフォンと同様にアプリをダウンロード&インストールし使うことができます。

アプリを起動するには、従来であれば一覧から選択するのが一般的ですが、Google Fitなど一部のアプリはディスプレイを左右にスワイプすることで表示できる場合もありました。この左右にスワイプして表示できるアプリをタイルと呼び、2019年05月より他のアプリでも使えるようになりました。

タイル機能に対応するスマートウォッチでは、デフォルトでいくつかのアプリが追加されていますが、これらのタイルは 追加 / 削除 を任意に編集することができます。

タイルを編集する手順

タイルの一覧を表示する

  1. Wear OSアプリの “設定” より『タイル』をタップします。

    Androidアプリ→Wear OS

  2. タイルの一覧が表示されます。

    Androidアプリ→Wear OS→タイル

タイルを追加する

  1. タイル一覧より『+』をタップします。

    Androidアプリ→Wear OS→タイル

  2. タイルの追加より『(対象のタイル)』をタップします。

    Androidアプリ→Wear OS→タイルの追加

タイルを削除する

  1. タイル一覧より『(対象のタイル)』を左から右へスワイプします。

    Androidアプリ→Wear OS→タイル→削除

タイルを並び替える

  1. タイル一覧より対象タイルの右にある『ll(6つの点)』を上下にドラッグします。

    Androidアプリ→Wear OS→タイル

タイルを編集するやり方は以上です。

スマートウォッチ本体でも操作できますが、AndroidスマートフォンのWear OSアプリからの操作が簡単です。

タイトルとURLをコピーしました