当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Apple Watchを初期化する方法

Apple Watch watchOS

機種変更などによって使わなくなったApple Watchを売却したり譲渡したり、はたまた廃棄することもあるでしょう。そんな時は、個人データを残さないようペアリングを解除し初期化を行っておきましょう。

Apple Watch SE(第2世代)
Apple Watch SE(第2世代)
 

アクティベーションロックに注意

Apple Watchの初期化(リセット)は本体からも行えますが、この場合にはアクティベーションロックされたままになるので、他の人が使えなくなります。

廃棄する場合には問題ありませんが、売却や譲渡する場合にはiPhoneとのペアリングを解除しアクティベーションロックを解除する必要があります。この操作はペアリングしたiPhone本体のWatchアプリから行えます。

Apple WatchとiPhoneのペアリングを解除すると最新のバックアップがiPhoneに保存されるため、機種変更などをする場合にはペアリング解除の操作をした方がスムーズかもしれません。

Apple Payなどを利用している人は、それぞれに機種変更の操作を忘れないよう注意してください。

ペアリングを解除する手順

  1. ペアリングしたiPhoneの[Watch]アプリより【すべてのWatch】をタップします。

    iPhoneアプリ→Watch→マイウォッチ

  2. すべてのWatchより【(対象のWatchの) i 】をタップします。

    iPhoneアプリ→Watch→すべてのWatch

  3. 対象のWatchより【Apple Watchとのペアリングを解除】をタップします。
    Apple Watchも初期化(リセット)されるので注意してください。

    iPhoneアプリ→Watch→すべてのWatch→選択したWatch

ペアリングを解除するやり方は以上です。

ペアリングの解除と同時にApple Watch本体の[初期化(リセット)][アクティベーションロック解除]された状態になります。

Apple Watch本体から初期化する手順

ペアリングしたiPhoneが手元に無い場合は本体から初期化(リセット)できますが、前述したとおりアクティベーションロックは解除されません。ロック解除する場合はペアリングを解除する必要があります。
  1. 設定より【一般】をタップします。

    Apple Watch→設定

  2. 一般より【リセット】をタップします。

    Apple Watch→設定→一般

  3. リセットより【すべてのコンテンツと設定を消去】をタップします。

    Apple Watch→設定→一般→リセット

Apple Watch本体から初期化するやり方は以上です。

誤ってApple Watch本体から初期化(リセット)してしまうと面倒なので、ペアリングの解除を忘れないよう注意してください。

タイトルとURLをコピーしました