当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Apple Watchで1時間ごとに通知する方法

Apple Watch watchOS

Apple Watchには[音]や[振動]によって「〇時00分」などを通知する機能が搭載されています(チャイム)。何に使うのかは人それぞれですが意外と便利かもしれません。

Apple Watch SE(第2世代)
Apple Watch SE(第2世代)
 

チャイムとは?

「12時00分」や「06時00分」と言った正時を[音]や[振動]で通知する機能がチャイムです。

「8時00分に家を出よう」「21時00分にお風呂に入ろう」と言ったように、キリの良い時間に行動を予定する人は少なくないでしょう。そんな時に[音]や[振動]で通知してくれれば時間の経過を認識しやすくなります。

また、毎正時に通知が行われるので「1時間」と言う時間の感覚を正確に知ることができるので「ゲームをしていたら夜になっていた」と言うことが多い人は設定しておくと良いかもしれません。

チャイムを設定する手順

  1. 設定より【時計】をタップします。
    Apple Watch本体でのみ可能な操作です。

    Apple Watch→設定

  2. 時計より【チャイム】のオン/オフを切り替えます。
    音を鳴らす場合は[サウンド]より【ベル】【鳥】から選択できます。

    Apple Watch→設定→時計

チャイムを設定するやり方は以上です。

毎正時に通知するだけなので「使い道がわからない」と言う人も居るかもしれませんが、使ってみれば自分なりの使い方が見つかるかもしれないので、一度オンにしてみると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました