当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Apple Watchを常時点灯する方法

Apple Watch watchOS

有機EL(OLED)を搭載したApple Watchにおいて、一部のシリーズでは「時間などの情報を常に表示する」機能である【常にオン(常時点灯/常時表示)】を使うことができます。

Apple Watch Series 8
Apple Watch Series 8
 

常にオンができるシリーズ

常にオンが使えるのはApple Watch Series 5以降の機種ですが、Apple Watch SEは対応していないので注意してください。

「常にオン」と言っても全ての情報が表示され続けるわけではなく、手首を下にしたり暫くすると「画面が暗くなる」「秒針が非表示になる」などの挙動になっています。また、常にオンとなるのは装着しているときのみであり、外しているときは表示されません

この機能は設定よりオン/オフを切り替えることができます。

常にオンを変更する手順

  1. 設定より【画面表示と明るさ】をタップします。

    Apple Watch→設定

  2. 画面表示と明るさより【常にオン】をタップします。

    Apple Watch→設定→画面表示と明るさ

  3. 常にオンより【常にオン】のオン/オフを切り替えます。
    その他の項目は任意に選択します。

    Apple Watch→設定→画面表示と明るさ→常にオン

常にオンを変更するやり方は以上です。

バッテリーの消費が気になるようであればオフにすると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました