位置情報

iOS

紛失した iPhone / iPad の場所を探す方法

iPhoneには “iPhoneを探す” と言う機能が搭載されており、紛失や盗難などのトラブルにあった場合でも、本体に搭載された位置情報サービス(GPSなど)を利用して、その場所をマップ上に表示させることができます。
Android

Androidスマホで位置情報の権限を選択する方法

これまでのAndroidスマートフォンでは、アプリが利用する位置情報サービスはオン/オフしか選択できませんでしたが、Android 10では加えて “アプリの使用中のみ” を選択し制限することができるようになりました。
Android

Googleマップに駐車場の場所をメモする方法

大きな店舗の駐車場は、何台もの車を駐車できるよう広大になっています。自分の車を「どこに止めたか?」を忘れてしまう事が多々あるようならGoogleマップに保存しておくと良いでしょう。
ネットワーク

Google検索で店や観光地などスポットの混雑具合を確認する方法

休日・連休ともなればカフェや飲食店に加え観光スポットなどは人で混雑します。訪問予定の場所が「今どれくらい混んでいるか?」は行ってみないとわからないものですが、Google検索を使うと混雑の程度を行く前にチェックすることができます。
Android

Androidスマホで緊急通報位置通知を設定する方法

2007年4月より、携帯電話・スマートフォンなど発信された緊急通報に対して、発信者の現在地情報を通知する仕組み “緊急通報位置通知” が登場しました。直接的な関連があるかは不明ですがAndroidスマートフォンでは設定の “緊急位置情報サー...
アプリ

iPhoneで現在地の高度を確認するアプリ

iPhoneにプリインストール(プレインストール)されている “コンパス” アプリには、高度を測る高度計の機能が搭載されているので、別途のアプリをダウンロード&インストールすることなく、現在地点の高度を確認することができます。
アプリ

Androidスマホで高度を確認するアプリ

スマートフォンには現在地を特定するための “GPS” が搭載されています。このGPSは、緯度・経度を測定するだけでなく “高さ” を測定することもできます。
アプリ

iPhoneで写真のジオタグから地図を表示するアプリ

iPhoneなどのスマートフォンでは、位置情報サービス(GPSなど)を使って撮影した写真(画像)の場所を記録することができますが、記録された位置情報はアプリを使ってGoogleマップなどの地図アプリで表示させることができます。
アプリ

Androidスマホで写真のジオタグから地図を表示するアプリ

Androidスマートフォンなどでは、位置情報サービス(GPSなど)を使って撮影した写真(画像)の場所を記録することができますが、記録された位置情報はアプリを使ってGoogleマップなどの地図アプリで表示させることができます。
iOS

iPhoneのSafariで位置情報の利用を無効にする方法

iPhoneのWebブラウザ “Safari” などでWebサイトを閲覧していると、Webページによってはダイアログ「現在の位置情報を利用します。よろしですか?」が表示されますが、これを無効にし表示させないようにすることができます。
タイトルとURLをコピーしました