無線LANの規格であるWi-Fiの種類と違いとは?

スポンサーリンク
部屋 ネットワーク

Wi-Fiとは “無線LAN” の一つですが、一般的に 無線LAN = Wi-Fi で語られることも多いです。このWi-Fiは短期間で進化してきたことから歴史が短いようで長く様々な種類が登場し、最近ではiPhone 11が “Wi-Fi 6” に対応し話題になりました。

スポンサーリンク

Wi-Fiの種類

Wi-Fiに対応したデバイスはスペック表に「IEEE802.11 a/b/g/n/ac」などと表示されることが多いです。

これは「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」「IEEE802.11ax」と規格に分かれており、対応する規格が “/” で区切られ明記されます。

これらの規格は、それぞれが異なる仕様を持っており、大きくは周波数速度に違いがあります。

IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)

周波数は 2.4GHz / 5GHz の両方に対応しており、最大で数Gbpsの通信速度があります。

2019年現在で一番に新しい規格で、iPhone 11シリーズなどが対応しています。

従来であれば “IEEE802.11ax” と表記されましたが、昨今では「わかりにくい」と言う理由から “Wi-Fi 6” と表記されるようになりました。

IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)

周波数は 5GHz に対応しており、最大で6.9Gbpsの通信速度があります。

比較的に新しい規格ですが、進化のスピードが速い為かあまり普及しておらず、見かけることは少ないかもしれません。

IEEE802.11n(Wi-Fi 4)

周波数は 2.4GHz / 5GHz の両方に対応しており、、最大で600Mbpsの通信速度があります。

少し古い規格ですが、パソコンやスマートフォン及びWi-Fiルーターの両方が対応済みであることが多く、一般的に普及している規格です。

IEEE802.11 a/b/g

周波数は、IEEE802.11aが 5GHz に対応しIEEE802.11 b/gが2.4GHzに対応しています。速度も11Mbpsから54Mbpsと昨今では遅い部類になるでしょう。

Wi-Fiの黎明期に登場した規格で比較的に古く数多くの機器が対応していますが、速度が遅いことから使われることは少なくなりました。

Wi-Fiの選びかた

Wi-Fiの規格は送受信する両方のデバイスが同じ規格に対応している必要があるため、例えば “Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)” を使いたい場合には「Wi-Fi 6に対応したパソコン/スマートフォンなど」と「Wi-Fi 6に対応したWi-Fiルーター」が必要となります。

このため、パソコン/スマートフォンなどをWi-Fi 6に対応した機種へ変更しても、Wi-Fiルーターが対応していなければ意味が無いので注意してください。また、新しい規格に対応した製品は、古い規格に対応していることが多いので、よくわからなければ比較的に新しい機器を購入すれば長く使えるかもしれません。

エレコム WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 11ax 11ac 2402+574Mbps IPv6対応 (iPhone11/Pro/ProMax 動作確認済み) WRC-X3000GSA
エレコム Wi-Fiルーター Wi-Fi6 11ax 11ac 対応 WRC-X3000GSA
Amazon
Yahoo!

また、2.4GHzは「エリアが広く速度が遅い」、5GHzは「エリアが狭く速度が速い」ので、使用する場所に応じて選択すると良いでしょう。

参考 自宅内にWi-Fi環境を作るにはどうすれば良いのか?
参考 自宅のWi-Fiにおいて速度が遅くなる原因と対策方法

タイトルとURLをコピーしました