当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

携帯電話/スマホで音声通話の発着信テストをする方法

スマートフォン ネットワーク

白ロムで購入した携帯電話/スマートフォンや長らく使っていない携帯電話/スマートフォンで、きちんと電話が着信するかをテストすることのできる仕組みが用意されています。

テスト目的に用意されているものなので、不用意な使用は控えましょう。

謎の電話番号 111

新規契約/機種変更で携帯電話やスマートフォンを購入すると、発信履歴に 111 と残っている場合があります。

この番号は “線路試験受付” と呼ばれ発着信テストに使われる特番(3桁の電話番号)で、新規契約/機種変更の際に開通手続きが正常に完了したことを確認する目的で用いられます。

NTTドコモを始めauやソフトバンク、楽天モバイルなどキャリアショップのオペレーターが使うものと思われがちですが、誰でも使うことができるのでオンラインショップで携帯電話/スマートフォンを購入し自分自身で開通手続きを行った場合などに、正常に開通できたかを確認すると良いでしょう。

発着信テストの手順

テスト目的に用意されているものなので、不用意な使用は控えましょう。
  1. 電話(ダイヤル)アプリのダイヤルパッドより電話番号に “111” を入力し『音声通話』をタップします。

    Androidアプリ→電話→ダイヤルパッド

  2. 「着信試験を行います」と言う自動アナウンスが流れたら終話(電話を切る)し電話が着信すればOKです。
    回線契約しているキャリア(NTTドコモやau、ソフトバンク、楽天モバイルなど)によって挙動は異なります。

発着信テストのやり方は以上です。

MVNO(格安SIM)などで白ロムを購入して利用する場合には、発着信テストを行って初期不良の確認をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました