SNS

スポンサーリンク
アカウントサービス

Facebookのアカウントを完全に削除する方法

Facebookアカウントを削除する場合には、わかりにくい手順を踏む必要がありましたが、昨今では見直されたのか簡単に削除することができるようになりました。
アカウントサービス

Twitterの乗っ取りを確認する方法

Twitterを利用していると、自分のアカウントから見知らぬツイートが行われることがあります。「乗っ取りか!?」と感じた場合には外部アプリ連携を確認しましょう。
アカウントサービス

Twitter公式アプリで “下書き” を使う方法

Twitterの公式アプリには、ツイートの “下書き” を保存することができます。しかし、この下書き機能は見つけにくく「保存した下書きがどこにあるのかわからない」と言う人も多いようです。
アカウントサービス

SNSなどからログアウトせずに別のアカウントでログインする方法

TwitterやFacebookなどのSNSを始めとしたWebサービスを利用する際に “会社用” や “個人用” と言ったような複数のアカウントを使用する場合があります。原則的に1つのブラウザにおいて複数のアカウントで同時にログインすること...
アカウントサービス

Facebook に登録した電話番号を削除する方法

あまりFacebookは使っていないのですが、ひょんなことから電話番号を登録したら削除をするのに手間取ったので備忘録として残しておこうと思います。
アカウントサービス

Twitterのプロフィール画像を削除する方法

Twitterには自分の顔写真などを掲載することのできる『プロフィール画像』があります。このプロフィール画像を削除する方法がわかりにくかったのでメモしておこうと思います。
アカウントサービス

Twitterの検索テクニックを覚えておけばツイート検索も捗るでしょう

Twitterを使っていて便利だと思った検索方法を紹介します。Twitterの検索は不便な部分がありますが、対処法が用意されていることも多いので、覚えておくと良いでしょう。 リツイートを除いて検索 Twitterで検索を行うとリツイートま...
アカウントサービス

Twitterで『電話番号』や『メアド』から検索されないように設定する方法

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では、LINEのように電話番号で『友だち登録』できるものがあります。Twitterでは登録された電話番号はもちろん、メールアドレスからユーザーを検索されてしまうので、「リアルの友だちには公開し...
アカウントサービス

Twitterが繋がらなくなった時に状況を確認する方法

地震などが発生した際に「とりあえずTwitterを見る」と言う人は多いでしょう。ただ、Twitter自身が障害によってダウンしてしまった際にはどこを見れば状況を判断できるでしょうか?
アカウントサービス

Twitterアプリ『SobaCha』はタイムラインが見やすく動作が軽快で使いやすい

公開当初は未成熟だったTwitterクライアントアプリ『SobaCha』もタイムラインが見やすく動作が軽快で使いやすいオススメなアプリになりました。
Webアプリ

LINEアカウントのオリジナルQRコードを作ろう!

LINEアカウントを交換する手段の1つにQRコードを読み込む方法があります。QRコードはLINEアプリから生成することができますが、せっかくなら自分のオリジナルQRコードを作成してみてはいかがでしょう。
携帯電話

ガラケーからでもLINEを使う方法

AndroidやiPhone、BlackBerryなどでは当たり前に使えるLINEですが、従来型の携帯電話いわゆるガラケーでも使用できることをご存知ですか?私は最近知りましたので紹介してみたいと思います。
アカウントサービス

Twitterクライアント間でタイムラインの未読位置を同期する方法

スマートフォンやタブレット、パソコンなど様々な環境から閲覧できるTwitterですが、タイムラインの未読位置が同期されないことが不満と感じる人も多いのではないでしょうか。そんなタイムラインの未読位置を同期するためのサービスがあるようです。
キャリア

LINEの年齢認証をするならドコモの『年齢判定機能の設定』を確認しよう

NTTドコモには “年齢判定機能の設定” と言う設定項目があり、これをきちんと設定しないと年齢認証が正常に行われません。しかし、この年齢判定機能の設定は確認するにも項目が見つけにくいのでうまくできないという人も多いでしょう。
キャリア

LINEの年齢認証をするならドコモの「docomo利用者情報登録」を確認しよう

NTTドコモには “利用者情報” という登録情報あり、親子など回線の契約者と利用者が違う場合に利用を制限する目的で利用される情報です。しかし、この利用者情報は確認するにも項目が見つけにくいのでうまくできないという人も多いでしょう。
スポンサーリンク