SIMロックされたスマホに他社のSIMカードを入れるとどうなるのか?

スマートフォン ネットワーク

当初はNTTドコモ回線を使った格安SIM(MVNO)が多かったものの、昨今ではauやソフトバンクの回線を使ったサービスも珍しくなくなりました。しかし、スマートフォン本体が各キャリアによってSIMロックされている場合には、当然ながら好きな回線を使うことはできません。

スポンサーリンク

SIMロックとSIMカード

3Gや4Gなどで使われている一般的なスマートフォンには、SIMカードと呼ばれる小さなカードを入れることで “音声通話” や “データ通信” ができるようになります。

このSIMカードは、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどの各キャリアはもちろん海外でも同じ仕様で作られているので、サイズ(標準SIM・microSIM・nanoSIM)が合えば、どのキャリアのSIMカードでも入れることができます。

しかし、NTTドコモやau・ソフトバンクなどのキャリアが販売するスマートフォン(iPhoneやAndroidスマートフォンなど)には、販売したキャリアのSIMカードしか使えないように制限(これをSIMロックと呼ぶ)がかけられており、他社のSIMカードを入れても “音声通話” や “データ通信” を行うことはできません。

ただ、SIMロックされたスマートフォンに他社のSIMカードを入れた場合には「どのような挙動になるのか?」と気になったので実際にやってみました。

ちなみにSIMロックされていないスマートフォンはSIMフリーまたはSIMロックフリーなどと呼ばれます。

SIMロックスマホに他社SIMカードを入れるとどうなる?

今回は例として、NTTドコモが販売する “iPhone 5s” と “AQUOS sense SH-01K” に、mineo(格安SIM)が提供する “au回線(Aタイプ)” のSIMカードを入れてみました(お試し用のプリペイドパック)。

mineoプリペイドパック 200MB au VoLTE対応SIM(au 4G LTE対応)
mineoプリペイドパック 200MB au 4G LTE対応
Amazon

iPhoneの場合

iOS12を搭載したiPhoneを用いています。他のバージョンでは動作が異なる場合があります。

iPhoneでは、SIMカードを入れた際に行うアクティベーション時に「SIMが無効です」と表示され、加えて「SIMロックしているキャリアのSIMカードを入れる」か「SIMロックを解除する」と言ったような案内が行われます。

iPhone→アクティベーション→SIMロック

Androidの場合

Android 8.0 Oreoを搭載したAndroidスマートフォンを用いています。他のバージョンでは動作が異なる場合があります。

Androidスマートフォンでは、起動時に「SIMロックの解除コードを入力」を促されます。その他の案内は表示されないので、突然に画面が表示されたらビックリするかもしれません。

AQUOS sense→SIMロックの解除コードを入力

SIMロックされたスマートフォンに他社のSIMカードを入れる機会は少ないので見ることは無い人が多いでしょうが、頭の片隅に入れておくとイザと言う時に慌てないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました