スマホが通信できないときの対処法は?

Androidスマートフォン ネットワーク

電波が圏外のまま圏内に戻らず電話ができなかったりモバイルデータ通信でインターネットに接続できなくなることがあります。そもそも電波が無い(弱い)なら仕方が無いですが、移動しても復帰しないようであれば再接続やAPNの再設定を試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

接続できない原因は?

携帯電話やスマートフォンは電波を用いて各キャリアが設置した “基地局(アンテナ)” と相互に通信を行うことで電話やデータ通信(メールやインターネットなど)を行っています。

通信が行われている基地局は携帯電話やスマートフォンの移動とともに自動的に近くの基地局と切り替わる(これを「ハンドオーバー」と呼びます)ので意識する必要はありませんが、まれにうまく切り替わらず「遠い基地局と接続されている」「混雑した基地局に接続されている」と言ったことが発生し電波はあるのに接続できないと言った現象が起きる場合があります。

このような状況の場合には、再接続(リセット)すれば改善することが多いです。

スマホを再接続するには?

再接続する方法は複数ありますが、要するに “切断” → “接続” をするだけです。良くわからなければ、スマートフォン本体を再起動するのが簡単です。

機内モードを切り替える

スマートフォンなど電波を発信する機器は、飛行機の機内など電波の発することのできない場所で通信しないようにする機内モードが搭載されています。

機内モードをオンにするとスマートフォンから発信される全ての電波が停止するので、これを使うと全ての通信の “切断(オン)” → “接続(オフ)” を切り替えることができます。

機内モードの設定は比較的にアクセスしやすくなっているので簡単に操作できるでしょう。

モバイルネットワークを切り替える

機内モードはWi-FiやBluetoothなど全ての電波をオフにしてしまうので、それが困る場合にはモバイル通信だけをオフにすることも可能です。

スマートフォンの通信は、モバイルネットワーク(モバイルデータ通信)で管理されており、これを使うと通信の “切断(オフ)” → “接続(オン)” を切り替えることができます。

モバイルネットワークの設定は比較的にアクセスしやすくなっているので簡単に操作できるでしょう。

再起動する

スマートフォンの操作に不慣れで「良くわからない」と言う場合には、本体を再起動してしまいます。

スマートフォン本体を再起動すると、当然に全ての通信において “切断” → “接続” が行われます。再起動の項目が無くとも “電源オフ” → “電源オン” でも同じことです。

起動するまでに時間がかかるのが欠点ですが、他の操作より簡潔でわかりやすいでしょう。

それでも接続できない場合は?

原因は様々で一概には言えませんが、格安SIM(MVNO)ユーザーに多く見られる原因ではAPNの自動切り替えが理由として挙げられます。

ドコモスマートフォンなどキャリアが販売するスマートフォンや、SIMフリーで販売されているスマートフォンは、デフォルトでAPNがプリセットされていることが多くあります。

たくさんのAPNが登録された状態で使用していると何らかの原因によってAPNが自動的に切り替わってしまい接続できなくなってしまいます。この場合、APNを再設定することで再び繋がるようになりますが、繰り返し行われないように不要なAPNを削除するのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました