自分の電話番号へ自分で電話を掛けるとどうなるのか?

誰しも一度は考えたことがあるかもしれません。特に問題にならないので自身で試してみるのが一番ですが、一言でいえば「話し中(通話中)」の扱いになります。

スポンサーリンク

自分で自分に電話できる?

携帯電話・スマートフォンなどの電話機が1台あるとし、この電話機の電話番号が “090-XXXX-XXXX” と仮定します。この電話番号を持つ電話機から “090-XXXX-XXXX” へ電話を掛けるのが自分の電話番号へ自分で電話を掛けると言うことです。

「悪いことをしている」「変なことになるのではないか?」と思うかもしれませんが、実際には「話し中(通話中)」の扱いになり契約内容によっては「留守番電話サービスへ接続する」と言ったことになるかもしれません。また、電話会社によっては着信通知サービスによってSMSなどで着信のお知らせが届く場合もあります。

2人の人物が同時に電話を掛けあうと「話し中(通話中)」となることがあるので、同じ挙動と考えて良いかもしれません。

自分の電話を鳴らすには?

前述したように自分の電話機から自分の電話番号へ電話をすると「話し中(通話中)」となってしまうので、自分の電話番号へ電話して「電話を掛ける(発信)」「電話を受ける(着信)」と言うことをを試すのは難しいです。

このため、一般的には別の電話機を用意して「電話を掛け合う」ことが必要となりますが、昨今では一般加入電話(自宅の電話)を持っていなかったり公衆電話も見かけなくなったため、人によっては難しいかもしれません。

このような場合には、対象の電話機から線路試験受付へ電話することで発着信のテストを実施することができます。

自分の電話番号から着信アリ?

某ホラー映画のようなことが現実に起こった例を何件か見聞きしたことがありますが「自分の電話番号から電話が掛かってくる」と言うことは「無い」のが一般的な見解でしょう。

あるとすれば「電話番号の見間違い」や「連絡帳(電話帳)を使った悪戯」などが考えられますが、もちろんオカルト的な現象かもしれません(信じるか信じないかはあなた次第です)。

とは言え、何らかの脆弱性を利用した行為は考えられるので「絶対にありえない」とは言えません。多くの場合で悪意を持って掛けてくているでしょうから、自分自身からの電話には注意してください。

タイトルとURLをコピーしました