今のスマホそのままで安くなる格安SIMに潜む罠

スポンサーリンク
SIMカード 格安SIM

「月々のスマホ代が安くなる」「今のスマホそのままで安くなる」のフレーズでおなじみの格安SIMですが、安くなるのは間違いないものの、そこに潜む罠に注意が必要です。

スポンサーリンク

格安SIMとは?

サービスの仕組み

携帯電話やスマートフォンは、一定間隔に設置された「基地局(電波塔)」から発信されている電波を使ってデータの送受信を行い “音声通話” や “インターネット通信” が行われています。日本国内で基地局を所有しているのは “NTTドコモ” を始め “au” や “ソフトバンク” で、この3社は電波を使って “音声” や “データ” を運ぶことから、総称して キャリア(carrier:運ぶ人) と呼ばれています。

このキャリアから、設備を借り受けて(レンタルして)サービスを提供しているのが仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)で、その料金の安さから一般的には格安SIMや頭文字をとってMVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)などと呼ばれています。

電波は無限にあるものでは無く有限であることから、特定の企業が独占して良いものでは無く希望者がいれば貸し出さなければならないと定められているため、このようなサービスが提供されています。

事業者による違いはあるのか?

格安SIMはOCN モバイル ONEを始めIIJmioモバイルサービスmineoなど様々な事業者がサービスを提供しています。これらの事業者は設備を借り受けてサービスを提供しているので、どのサービスを利用しても同じと思われがちですが、借り受けているのは電波だけ(厳密にはその他システムも借り受けていますが)であり、それより先のインターネット回線は各事業者が自前で用意しているので、回線品質(速度など)は事業者によって違いが生じます。

借り受けているのが “電波” であるため利用可能エリアに差はありませんが、電波を受信する機種によって差が生じることがあります。これは各機種の対応バンドに違いがあるためです。
参考 スマホに重要な『プラチナバンド』ってなに?

格安SIMに潜む罠

今のスマホそのままで安くなる格安SIMですが、キャリアで購入したスマートフォンを「そのまま使う」といくつかの不都合が生じます。

APNロック

キャリアで購入したスマートフォンでは、機種によって “APNロック” と呼ばれる制限が施されており、一部の機能が利用できなくなっている場合があります。

参考 SIMロック解除したスマホを他社キャリアや格安SIMで使うには?#APNロックに注意

付帯サービスが使えない

格安SIMへ変更すると、当然に前のキャリアは解約することになるので、同じスマートフォンでも各キャリアが提供するサービスである “キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)” や “おサイフケータイ” などが使えなくなります。場合によっては無理やり使える場合もありますが、その場合には「別途に各キャリアの回線契約が必要」であったりと何かしらトラブルが発生する可能性があります。また、機種が故障した際などに修理窓口が無いという問題もあります。

キャリアの窓口で対応してくれる場合もあります。
参考 スマホのタッチパネルが故障したのでNTTドコモに修理を依頼してみた

格安SIMでオススメのスマホは?

前述したように「今のスマホそのまま」で使うと不便になる点がいくつか存在します。このため、格安SIMでは各事業者が販売するSIMフリースマートフォンを使うほうがオススメです。各事業者では格安SIMとセット販売しており、キャンペーンなどを利用すれば比較的に安価に手に入れることもできます。

参考 OCN モバイル ONE
参考 IIJmioモバイルサービス

ただし、昨今では2~3万円で購入できる(いわゆる)格安スマホの類が少なくなっていたり、docomo withのようなキャリアによる低価格プランも登場しているので、利用スタイルによってはキャリアで契約したままの方がコストパフォーマンスが高くなるかもしれません。

参考 NTTドコモの “docomo with” が意外にも良さそうだった